Latest Entries

スポンサーリンク




近日に覚製剤で逮捕される大物司会者Xは誰?薬物疑惑の芸能人なら西田敏行?

 普段は住宅メーカーや家の工法についてブログの記事を書いているのですが・・・高島礼子さんの夫で元俳優の高知東生さんが覚製剤で逮捕されたことについて友人と話しをしていたことについて書いてみたいと思います。

友人の話しによると、巨人軍の選手だった清原和博が覚製剤で捕まってからは薬物疑惑のある大物芸能人や大物タレントが次に逮捕されるのではないかという噂が多く出てきたんだそうです。

誰が怪しいのかと聞いてみたころこ、何人かの有名人や芸能人の名前が出てきたのですが・・・その中でも、聞いてビックリしたのがスマップの中居正広さんと西田敏行さんだったのです。

確かに、どちらも超有名人ですし大物司会者とも言えるでしょうけども・・・覚製剤や薬物をやっているイメージなんて無いですよね?

------------続きを読む------------>

電動昇降物干しの必要性は?最適な取り付け場所は?

新築する時には洗濯物の干し場を作ろうと決めている人は多いと思います。

晴れていれば庭やベランダで洗濯物を干せば良いのですが、雨の日や風の強い日などは室内で干す時間が長くなりますからね。

そこで考慮するのが室内物干しですが、せっかく新築するのであれば電動昇降物干しを設置しようと考えるのも当然でしょう。

しかし電動昇降物干しは安いものではないですので本当に必要な物かどうかシッカリと考えてから付けるほうが良いと思いますね。はたして最新住宅の室内干しで電動昇降物干しは要るのでしょうか?

------------続きを読む------------>

清原が使っていたグリーニーという薬物は合法なのか?

清原和博が覚醒剤で逮捕されたことで野球選手たちが過去にグリーニーという薬物を使っていたことがバレてしまいましたね。

清原がグリーニーを使うキッカケとなったのが・・・元巨人プロの野村貴仁選手が渡したことみたいですが、この野村貴仁という人の廃人ップリも酷いものですよね。

過去にドーピングなどで出場停止になった選手などを調べてみると、やはり巨人の選手が突出して多いですから・・・かなりの薬物汚染が進んでいたとみていいのではないでしょうか?

------------続きを読む------------>

日本ハウスホールディングスの坪単価は?東日本ハウスの時の坪単価と比較すると・・・

日本ハウスホールディングス(日本ハウスHD)なんていう住宅メーカーは聞いたことがないという人が多いと思いますが、実は東日本ハウスの事なのですね。

しかし「東日本ハウス」という名前では東北や北陸であれば問題もないのでしょうが、西日本に展開しようとするとデメリットが大きすぎる社名だと判断されたようです。そこで2015年の5月に「日本ハウスホールディングス(日本ハウスHD)」という社名に変更したわけですね。

今のところは企業の中身もそれほど変化していませんので、評判や口コミや評価というものは東日本ハウスの時と同様と判断しておいていいと思います。けれども、価格や坪単価というのは西日本に展開するうえでは少しくらい変化させてくることは予想しているんですけどね。

------------続きを読む------------>

三井住友建設が建てたマンションが欠陥で傾いた!?倒産するリスクが増大!

マイホームと言えば戸建住宅をイメージする人が多いと思いますが、マンションだって言ってみればマイホームなわけですね。

マイホームの欠陥や問題については心配する声も多いのですが、最近で注目を浴びたのが横浜市都筑区の大型マンションが傾いた問題ですよね。

当初は販売元の三井不動産レジデンシャルが欠陥の責任を取るものと思われていましたが、調査が進むにつれて地盤補強の施工をした旭化成建材が悪かったのではないかと言われるようになりました。実際に旭化成建材の責任者がデーターを改竄していていたので責任が無いとは言えないのですが・・・ここにきて三井住友建設にも大きな責任があったのではないかと言われ始めているのです。

------------続きを読む------------>

日本のディーゼル車は大丈夫か?フォルクスワーゲンの不正はマツダと関係ある?

ドイツの有名自動車メーカーであるフォルクスワーゲンがアメリカの環境基準テストで不正を行っていた問題ですが、ディーゼル車の制御プログラムに関する不正だったこともあって日本のディーゼル車は大丈夫かと心配する声が上がってきていますね。

日本で話題のディーゼルはクリーンディーゼルと名付けられているタイプの車ですが、主にマツダとトヨタがクリーンディーゼル車を販売しているようです。

そもそもフォルクスワーゲンが行っていた不正というのは、環境基準テストの時の燃焼プログラムと一般道を走っている時のプログラムが完全に切り替わるというものでしたが・・・日本車が大丈夫かどうかで言えば、少々不安を感じる人も多いと思います。

それだけ簡単に行える違反で効果が大きいことから、マツダやトヨタのクリーンディーゼル車でも多少なりとも都合の良いプログラムが施されている可能性だって否定できないのです。

------------続きを読む------------>

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ