Entries

スポンサーリンク




オスカーホーム、ベイシスの特徴や評判

オスカーホームのベイシスの特徴は、ネクストのスペースチョイスシステムを受け継ぐプランとのことですが、まず、「スペースチョイスシステム」とはどのようなものなのでしょうか?

オスカーホームのスペースチョイスシステムは、規格化された空間を選択して色々な組み合わせができることが評判の選択システムですが、用意されている選択肢も多いですので理想の間取りを選ぶことができます。

さらにベイシスは2×4工法ではなくてスペースフレーム工法を採用している割には価格が安いということですので、2×4工法が嫌な方は検討してみても良いかもしれませんね?

------------続きを読む------------>

オスカーホーム、ネクストの評判

オスカーホームの長期優良住宅であるネクストですが、評判はどうなのでしょうか?

オスカーホームのネクストは長期優良住宅である以外にも、断熱材や耐震等級などに特徴のある商品になっています。

ネクストは次世代省エネ基準を上回る断熱性能を誇っていますが、断熱材に水発泡ウレタンフォームを使用しています。

水発泡ウレタンフォーム断熱材と言えば、評判なのがアクアフォームです。

しかし、オスカーホームの水発泡断熱材は「MOCOフォーム」というもののようです。

------------続きを読む------------>

オスカーホーム、太陽光発電の価格・・・

冬が終わると日差しが眩しい季節になりますが、そうなると他人の家の太陽光発電システムが羨ましくなりますね。

ちょっと前までは、太陽光発電システムは価格が高くて手が出ないという感じでしたが・・・

最近はどうなのでしょうか?

前回はオスカーホームの平屋の記事を書きましたので、今回はオスカーホームの太陽光発電システムの価格を調べてみたいと思います。

------------続きを読む------------>

オスカーホームの平屋が充実してる。

オスカーホームの商品プランを眺めていると、いつの間にかオスカーホームには平屋プランが充実しているではないですか!

平屋住宅「ひらりん」を初めとして、楽寿シリーズも平屋の暮らしを楽しむプランとして紹介されています。

また、フィッツ(Fits)シリーズにも「Fits Flat」という平屋プランが用意されているんですね。

------------続きを読む------------>

オスカーホーム、ドライウォールはいいね!

オスカーホームの内装はどうなのかと調べてみますと、なんと「ドライウォール工法」を採用しているようです。

オスカーホームは2×4メーカーですから、ペイントや珪藻土や漆喰などの塗り壁仕上げであればドライウォール壁は最適です。

しかし、日本では何故かドライウォールは一般的ではありませんでした。

最近では、珪藻土や漆喰仕上げの壁が増えてきたので、オスカーホームはドライウォールを採用してきたものと思われます。

------------続きを読む------------>

オスカーホームの基礎の話し・・・

オスカーホームの基礎で気になるのが、床下空間が無い構造の基礎ではないでしょうか?

オスカーホームでの名称は、「スラブオングランド工法」と呼ばれている基礎のようです。

さて、オスカーホームを検討していらっしゃる方の中でも、この「スラブオングランド工法と呼ばれる基礎」のメリットに心惹かれる施主さんは少ないのではないでしょうか?

ほとんどの方は、「オスカーホームの基礎では、床下に入って点検できない。」と感じるのではないでしょうか?

------------続きを読む------------>

オスカーホーム、値引きには・・・

オスカーホームの値引き具合はどのような感じなのでしょうか?

オスカーホームの値引きに関する噂を、ネットで集めてみました。

はっきりとした値引きの値段まではわからなくても、おおよその傾向ぐらいはわかるかもしれません。

------------続きを読む------------>

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ