Entries

スポンサーリンク




フィアスホームの粘震の家、評価や特徴は?

フィアスホームには「粘震の家」として、ニューアリエッタという商品が登場しています。

粘震というのは聞いたことのない言葉ですが、粘震にはどんな特徴があって、粘震の評判や評価はどうなのかが気になります。

フィアスホームの「粘震の家 ニューアリエッタ」の特徴としては、耐震と制震を併せ持っただけではなくて耐震補償付きという部分に特徴があって評価されているようです。

地震は一回だけ襲いかかってくるわけではなくて、余震も含めて数十回も被害を受けるわけです。

今までの耐震技術ですと、複数回の地震被害を受けるうちに耐震性能が落ちてしまうのですね。

------------続きを読む------------>

フィアスホーム、価格は?地中熱の価格も?

フィアスホームの地中熱利用空調システムが光熱費の削減に効果があることは確かなようです。

しかし、どのくらいの光熱費削減効果があるのかも気になりますが・・・システムを搭載した住宅の価格がどのくらいなのかも気になりませんか?

どんなに良いエコシステムを搭載した住宅でも、価格が高ければ普及しないというものです。

フィアスホームをフランチャイズ展開しているLIXIL住研の発表によると、フィアスホームの地中熱利用エアコンによる冷暖房光熱費価格削減度は25%カットというレベルになるようです。

それに対して地中熱利用エアコンを搭載した家の価格は、フィアスホームの従来の住宅と比較すると250万円ほど価格が高くなるのだそうです。

------------続きを読む------------>

フィアスホーム、評判が上がってきてる!

フィアスホームの地中熱の評判は、上がってきているのでしょうか?

フィアスホームは住宅用地中熱空調(地中熱エアコン)で評判だった住宅メーカーですが、最近ではワールドビジネスサテライト(WBS)などで地中熱エアコンや地中熱空調の事を取り上げる例が多くなってきていることで、フィアスホームの話題性がアップしたということはないのでしょうか?

ワールドビジネスサテライトが地中熱の事を取り上げるということは、最近は地中熱利用の話題や評判が多くなってきているとも言えるからです。

------------続きを読む------------>

フィアスホームの地中熱エアコンが大注目!

災による原発事故の影響で計画停電が行われたのも記憶に新しいですよね。

電力不足による省エネ商品への注目度が高まってきていることを実感できるほどですが・・・

フィアスホームの地中熱を利用したエアコン「地中熱エアコン」が注目を集めているようです。

地中の温度が15℃ぐらいで一定な事を空調に利用しようとしたのが、地中熱エアコンですね。

------------続きを読む------------>

フィアスホームのCM

フィアスホームのCMって、結構、印象が良い方ではないでしょうか?

フィアスホームのサイトには、今までに4つのCMを放映したと紹介されています。

そこで、そのCMの概要を見てみることにします。

------------続きを読む------------>

フィアスホームの坪単価を探してる?

フィアスホームに興味を持っている人は「坪単価」が気になって、つい探してしまいますよね?

フィアスホームに限らず、どの住宅メーカーを見ても気になるのは坪単価ばかり・・・

私が思うに、最初の段階では気にしない方が効率的ですよ。

むしろ、最後の最後に総支払額が決定してから坪単価を計算するぐらいでよいのでは?

------------続きを読む------------>

フィアスホームを知ってましたか?

私はフィアスホームを知りませんでした。

そこで、ちょっと調べてみたところトステム住研グループである「ブライトホーム、ゴーイングホーム、ワンダーホーム」が今年の4月に合併したのがフィアスホームとのことです。

フィアスホームの特徴は、柱と壁と床を一体化させたモノコック構造で接合金物でがっちり固定。

ダブルの内部結露対策で結露を防止

家を建てた後、2年間に4回の定期点検を行う

20年の地盤保障

自主検査と第三者機関の検査

優れた防犯性

豊富な商品数「アリエッタ、和モダンの住まい、エスプリ・パンセM/U、エスプリ・パンセF、sui-vi【粋美】、sui-viEURO【粋美ユーロ】、プレミナ、プレミナ、レントラ、レントラ、レクサス ロフテージ、レクサス ファンカーサ」


中には自動車ブランドのような名前の商品もありますが・・・・


------------続きを読む------------>

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ