Entries

スポンサーリンク




住宅メーカーは「環境」を・・・?

住宅メーカー各社は、環境に優しい住宅を宣伝文句にしていますよね?


しかし、一般のお客は、「環境に優しいけども高価な家」は買わないと思うんですよね。


今までの値段で買える家、もしくは、今までよりも安い家であるというのが前提にあると思うんですよ。


ですから、住宅メーカーのCMは、「安いけど豪華に見える」という方針の方が、他社と差別化できて良いと感じますねー。


確かに、環境に優しい家は健康にも良いイメージがあるので、選んでもらい易いのかもしれませんが・・・


どのメーカーも同じようなCMやコンセプトだと、どのメーカーも同じに見えてきますものね。


例えば、「ツーバイフォー」なんてのは聞き飽きてしまっているので宣伝にならないと思うのですけども、メーカーさんは一生懸命に「ツーバイフォー、ツーバイフォー」と叫んでいますよね。


「高気密・高断熱」も一緒です。

叫びすぎ!聞き飽きました!


こんな単語にお金を払ってCMしても無駄なような気がします。


だって、どの住宅メーカーでも同じ事を言ってるなと思われるだけ損じゃないですか?



だから、環境性能を唄うにしても、お客さんが聞いたことのない設備や性能を宣伝した方が良いと思います。


世の中、「環境、環境」と騒いでいますが、実際には「得」だと感じないと庶民は動かないでしょう。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ