Entries

スポンサーリンク




タマホーム、欠陥の例を探してみる。

タマホームは欠陥住宅だという記事が、11月20日の週刊現代に掲載されていたみたいです。

タマホームの欠陥住宅の例がいくつか出ているみたいですね。

2007年の3月には、「広告表現の一部が景品表示法に違反するとして、排除命令」というのを公正取引委員会が出したこともあるようです。

それでは、どのような欠陥が掲載されていたのでしょうか?


・風が吹いているわけでもないのに、家が揺れるので検査をしてみたら建物不同沈下が確認されました。つまり家が傾いていたのですね。だが、タマホームからは「許容範囲」と言われたようです。


・電気配線がおかしくて、台所で炊飯器が使えなかった。結局、洗面所で米を炊いたそうです。

・天井の高さが5㎝も足りなかった。注文していた食器棚が入らなかったそうです。

・柱を固定するボルトがゆるんでいた。

・断熱材に隙間がある



結構ひどい欠陥内容の記事ですね。

実際に、この家の施主が自分じゃなくて良かったとさえ思ってしまいます。



苦情やクレームを言って直る程度の欠陥であれば良いのですが、構造がおかしいのでは直しようが無いですよね。


まー、実際にタマホームが悪いのか職人さんが悪いのかは判りませんが、実際に引き渡す際に責任があるのはタマホームですよね?


とにかく、ネット上にはタマホームの欠陥住宅の例や話、噂があふれています。


これを鵜呑みにするのはどうかと思いますが、契約前に見ておいても損はないかもしれませんね?



仮に、後から苦情を言って欠陥を直してもらえたとしても、気持ちの良いものではないですからね!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ