Entries

スポンサーリンク




富士ハウスが倒産!

富士ハウスの倒産が確定したようです。

以前から、富士ハウスの倒産を危惧する意見が多かったのですが・・・事実になってしまいました。

このメーカーに関しては、今までに7つの記事を書いてきたのですが、「評判の悪化や欠陥、訴訟、不渡り、倒産」の噂が多いのではないかという警告の記事内容となっていました。


それが現実のものとなってしまった事は驚くべきことでもあります。

そして、私の行っている調査方法が見当外れのものではなかったという自信も出てきました。



それでは、富士ハウスの倒産のニュース内容です!


「浜松市の住宅メーカーである富士ハウスは30日、関連会社2社も含めて破産を申し立てました。そして、東京地裁は破産手続きの開始を始めたと発表。

 負債総額は約638億円。未完成の住宅が数百戸あるとみられいて、影響が懸念されている。

 しかし、受注減少、資材高騰による原価高に加え、不動産市場の冷え込みで業績が悪化。さらに、売り上げを水増しするなど不適切な会計処理で30億円超の損失が発覚し、金融機関から支援を得られる見通しが立たなくなった。」


どうでしょうか?


私が気になるのが、まだ完成していない家、つまり未完成のままの物件が数百戸もあるということです。

完成寸前の家もあるでしょうし、基礎の段階の家もあることでしょう。

どの段階にあるとしても、富士ハウスが倒産してしまったからには金銭的負担は避けられないのではないでしょうか?


仮に、ラッキーな人で金銭的な損を受けなかった方でも、アフターサービスが受けられなくなってしまったり、突発的な手続きが発生したりといった不利益は避けられません。



被害に会った施主さんは、人生で一回あるかないかのマイホームという夢も、泡となって消えていったように見えるのではないでしょうか?


それでは、富士ハウスの倒産記事をいくつかご紹介いたします。


・富士ハウスは、関連会社である日京、サニーとともに1月29日付けで東京地方裁判所に破産手続き開始を申請し、同日、開始決定を受けたと発表した。

・取引金融機関と経営再建に向けて、借入金の返済猶予、支店・展示場の閉鎖、人員の削減等の再生計画を協議してきたものの、販売件数の落ち込みや金融情勢の悪化等から、交渉は不調に終わり、今回の措置となった。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ