Entries

スポンサーリンク




アイダ設計の評価が・・・

アイダ設計の評価や口コミが、どんどん悪くなってきているように感じます。

当然、当サイトで調べている「検索エンジンで、アイダ設計と合わせて調べられている言葉」に関しても、倒産だとか民事再生などの単語がランキングの上位に来ています。

しかし、それだけではなくて、アイダ設計に関する掲示板などを見ていても欠陥・苦情・クレームなどの内容が増えてきているように感じます。


当然、欠陥やクレームなどは施主にとっては大問題です。

無い方が良いに決まっています。

誰でも、評価や口コミの良い住宅メーカーを選択したいと思っているものです。



だからこそ、家を望む人達はアイダ設計の欠陥情報やクレーム内容に敏感なのです。

ネット上の評価が悪いメーカーは、選択肢から外してしまいがちです。



しかし、世界同時不況(もしくは世界恐慌)が起きてしまいました。

時代が変わってしまったのです。


欠陥などよりも恐ろしいことが起こりうる時代になったのです。

例えば・・・

富士ハウスなどが倒産してしまった時に問題になったのが、お金を払ったのに家が完成しない人々です。

・基礎しかできていない家。

・手付け金を200万円程度も払ったのに、メーカーが倒産してしまった人。

・家は完成しているが、アフターサービスが受けられなくなってしまった人。



この施主の人達は、突然、起きたできごとにボー然としているはずです。

しかし、この富士ハウスの場合は突然に倒産したのではなかったのです。

かなり以前から評価・評判・口コミが悪化していたのです。

しかも、ただ悪評が広がっていたのではなくて、支払い遅延があるのではないかといったような具体的な評価が悪化していたのです。



ですから、アイダ設計の評価が悪くなってきていると思う人は、自分の直感を信じて用心するべきだと思います。

「アイダ設計 評価」とか、「アイダ設計 口コミ」といった検索のやり方では駄目でしょう。



倒産、破産、民事再生などの言葉でも調べてみるべきです。

さらには、借金、自己破産、支払い遅延などの、お金に絡んだ言葉も大事だと思います。


さらにさらに、取引相手などの情報があれば有用だと思います。

一回でも、不渡りを出していたら用心する必要もあるでしょう。



とにかく、アイダ設計に限らずとも、依頼しようと考えている住宅メーカーの評価や口コミは徹底的に、自分が納得するまで調べてみるべきではないでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ