Entries

スポンサーリンク




PDホーム、倒産の可能性は?

PDホームの倒産について調べる人が多いことは、前回の記事でご紹介いたしました。

しかし、ユーザーが住宅メーカーの倒産を気にする傾向にあるのは、PDホームに限ったことではありません。

なんといっても、世界恐慌の時代なのです。


私は思います・・・


今の時代ほど、住宅メーカーの評判などというものが意味の無いものに成り下がってしまった時代は、近年では皆無なのではないでしょうか?



どんなに優良な家を建てていたメーカーでも、倒産してしまう可能性があります。

どんなに財務状況が優良だったメーカーでも、破産する可能性があります。

どんなに、年間の建築個数が多いメーカーでも、民事再生するかもしれないのです。




これは、皆さんが考えているようなパーセンテージでの倒産・破産・破綻ではありません。



私の思いでは、大手の住宅メーカーであれば、3分の1の企業は生き残れないかもしれません。

また、中小の工務店レベルまで考えると・・・半分は、もしかしたら・・・というレベルになるのではないでしょうか?




ではなぜ、このような悲観的な考えになるのか?


それは、今まで、家を望んでローンが組めたような人達が、ローンを組めなくなってくるからです。


それでは、何故にローンが降りなくなるのでしょうか?


一つの理由としては、今まで健全だった企業ですら倒産リスクが高まってきているのですから、借主が勤める会社が倒産するかもしれないとなると、銀行も安心して貸す事ができなくなってきます。




もう一つの理由が、肝心の銀行ですらヤバイ状態に陥ってきているからです。


実際に、大きくは報道されていませんが、本日も公的資金が投入された銀行が3行あります。


とにかく、やばい銀行は自己資本比率を守ろうとします。


簡単に言うと、現金を銀行内に貯めようとするのです。


つまり、貸し出しするのも勿体無い状態になってしまい、世間にお金が流れなくなってしまうのです。




こうなると、建てたいと思うお客はいるのに、お金が無いという状態になります。



皆さん、よく考えてみて下さい。


家が売れるのも、ローンの仕組みが有ってこそです。


銀行の危機は、ローンの仕組みの崩壊なのです。


ローンがおかしくなると、PDホームなどのメーカーも、家を売る事は難しくなるのではないでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ