Entries

スポンサーリンク




アイフルホームの倒産を心配する人・・

アイフルホームの倒産を心配している人が掲示板に書き込みをしているのを見つけました。

その方は、今年の3月の時点で着工前にもかかわらず、アイフルホームに7割も支払ってしまった事を悔やんでいました。

確かに、不安になる支払い方法ですよね?

なぜなら、倒産してしまった富士ハウスやアーバンエステートも、過剰な前払いを要求していたからです。


通常は、契約時10%、着工時30%、上棟時30%、完成時に30%を支払う事が一般的になっています。

このことからも、契約時に10%を超える支払いを要求してくる住宅メーカーは用心しなければいけないと言えるのです。



アイフルホームが着工前に70%の支払いを要求したという話しの内容が事実かどうかは確認できません。

しかし、仮に事実だとすると・・・・・富士ハウスやアーバンエステートの倒産の影が、アイフルホームにも覆いかかってきている可能性はあるのかもしれません。



これからの時代は、住宅メーカーが過大な前払いを要求した時点で、「倒産・破産・民事再生」の噂を広めるキッカケとなってしまう恐れがあります。


一歩進んだ考えをするメーカーがあるとするならば、倒産破産の影を消すために、「契約時5%、着工時10%、上棟時10%、完成時30%、数ヶ月後に不良箇所がなければ残りを支払い」なんていう営業を始める住宅メーカーが出現するかもしれません。



アイフルホームやタマホームのように急拡大した住宅メーカーほど、逆に、倒産や破産のような急縮小を恐れる気持ちが出てくるのもしかたのないことかもしれません。


既に契約をしてしまった施主さんは、メーカーの倒産などが無いように、祈るような気持ちで完成を待っているのでしょう。

関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ