Entries

スポンサーリンク




とやまダイケンホーム、事業停止・・・

ダイケンホームの関連会社になるのでしょうか? 「とやまダイケンホーム」が事業を停止した事が地元の新聞に掲載されたようです。

従業員31人は、すでに解雇している模様なので、法的整理の手続きに入っている模様です。

とやまダイケンホームは、民事再生もしくは自己破産ということになるのでしょう。


「とやまダイケンホーム」は、2×4住宅を手掛けていて、富山県では中堅の住宅メーカーだったようです。


今年に入ってから数多くの住宅メーカーの倒産&破産のニュースを見てきたので、いまさら驚くようなことでもないのかもしれません。

しかし、住宅メーカーの倒産はニュースにはなるのですが、下請けの倒産なんてものはニュースにはなりません。



私が心配しますのは、とやまダイケンホームの倒産による下請け工務店などの連鎖的な倒産と、消費者の購入意欲の低下です。



いくら、「住宅の完成保証制度があります」なんて宣伝をしても、実際に、依頼した住宅メーカーが倒産してしまったらメンドウな事になるのは目に見えています。


そうであるならば、この数年間は家の購入を見送って、ヤバイ住宅メーカーが倒産し尽くしてから購入を考えるっていう人も現れかねません。


そして、そんな考え方の人が増えれば、さらに多くの住宅メーカーや工務店が倒産してしまうという悪循環になってしまいます。




今回の、「とやまダイケンホーム」倒産の場合にも、富士ハウスやアーバンエステートで見られた建築中や未着工の家が、20件近くあるそうです。


関連会社の「ダイケンホーム」や、「とやまダイケンホーム」の株式を40%近く所有している大建工業に、どのくらいの被害があるのかは未確認です。


事前に不渡りなどや支払い遅延があったとするならば・・・・もう少ししたら、そのような情報が出始めることでしょう。

それらの事は、後日に記事にしたいと思います。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ