Entries

スポンサーリンク




とやまダイケンホームの不渡りで・・・

とやまダイケンホームの不渡りによる倒産について調べていたところ・・・・

気になるコメントを記事にしているブログを見つけました。

その記事には、とやまダイケンホームの不渡りによる被害を受けた取引先の会社についてが書かれていたのですが・・・・

地場の住宅メーカーと中小の住宅メーカーの資金繰りの事に関しても書かれていたのです。


その一部を抜粋させていただきますね・・・

「その会社が倒産したということは、他の中小ハウスメーカーも資金繰りに相当困っているという証拠なのかもしれません。昨年から融資を受けることのできた、県の中小企業向け融資で一息ついたのもつかの間、そろそろ資金が不足する頃です。


どうでしょうか?


昨年の金融危機を乗り切って、危機を脱出したかのように見えていた人もいると思いますが・・・

「そろそろ資金が不足する」時期なんだそうです。


それでは、今現在、資金が不足した住宅メーカーに融資をしてくれる所はあるでしょうか?

どうでしょうか・・・・

皆さんは、あると思いますか?



政府の景気底打ち宣言で安心して、危機管理の怠った企業や、その従業員は破滅の道を歩むことになるかもしれません。


厳しい言い方をするならば・・・

今回の「とやまダイケンホーム」の未着工の被害者達も、危機管理を怠ったという言い方もできるのかもしれませんね?


時代は生きるか死ぬかという時代に差し掛かっているのかもしれません。


従業員という立場だろうが、取引先であろうが、お客という立場であろうが・・・・・

被害者になってしまうということは、危機管理を蔑ろにし、油断していたと言われてしまう時代になるのかもしれませんね。


しかし・・・・

不渡りを恐れていては仕事が出来ないという現実もありますから・・・・難しい世の中になってしまったものです。


参考サイト http://chikoaltusyu.blog.shinobi.jp/Entry/146/





関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ