Entries

スポンサーリンク




住まいのクワザワ、欠陥住宅の場合・・・

住まいのクワザワが、欠陥住宅だった場合の保証である「瑕疵担保責任保険」を、平成21年10月1日施工の「住宅瑕疵担保履行法」に先駆けて、平成21年4月1日より新築する住宅について加入するみたいですね。

瑕疵担保責任保険というのは、新築住宅が欠陥(筐体の欠陥&雨漏り等)だった場合の10年保証という事になります。


まー、確かに住宅瑕疵担保履行法によって瑕疵担保責任保険に入っているとなれば安心感はありますよね?

しかし、欠陥住宅にされた場合には、納得出来る程の完璧な修繕なんて無いと思っておいた方が良いと思います。

いくら保険があるからと言っても、有り余る程の金額が出る訳ではないのですからね。


大切なのは、建築途中の徹底的なチェックなんだと思います。


信頼できる業者を選ぶのは当たり前の事なのですが、信頼しきってしまうのは危険だという事です。


建ってしまってから、保証だのなんだのと言うのは、苦労が多い割には報われないものですよ。



さらに、保証があるからという安心感は「仇」となってしまう可能性もあります。



既に倒産してしまった住宅メーカーでも起きた事ですが・・・・


保証や保険で安心させて、事前に資金を出させて倒産なんてこともありました。


建設資金の5割以上を着工前に出せと言われたら、普通は疑うものです。

しかし、保証があるだとか、国土交通省のお墨付きだとかという事が判断を鈍らせる事もあるのです。



住まいのクワザワが倒産破産するのか?

住まいのクワザワが、欠陥住宅を建てるのか?

住まいのクワザワが違法な営業をしているのか?


こんな事は、事前にはわからないのです。


肝心な事は、保険や補償があるからといって安心しすぎないということなのです。

欠陥住宅を防ぎたいならば、保険などに頼る前に、施主自身が十分な勉強をすべきなのです。


どんなに信頼できる人やメーカーだったとしても、任せっきりにしない事が欠陥を防ぐ最大の武器になると、私は思っています。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ