Entries

スポンサーリンク




BESSの倒産の・・・

BESSの倒産の話題を探していたら・・・、「4月2日付けでBESS山形の会社は倒産したという紙切れが家に届きました。」という書き込みをしているブログを見つけました。

結局は、BESS栃木、水戸、郡山等の数箇所のBESSを運営している会社がBESS山形を引き継ぐ事になったみたいなのですが・・・

保証の問題なんかはどうなるのでしょうか?


それ以前に、深刻な不況が続く状態で、BESS自身は倒産の恐れは無いのでしょうか?


「こだわりの家だけど値段は高い」というのがBESSの家だと思います。

確かに、景気が良い時は買いに来る客も多い事でしょう。


しかし、ここまでの不景気となった今、注目されるのはローコストな家なのかもしれません。


誰だって、無い袖は振れないのです。



スローライフを目指してBESSの家が欲しいと思っても、程々の家やワンダーデバイスが理想だと考えたとしても・・・・

高ければ買えないという人が出てくる時代なのです。



そして、不景気だけが購入意欲を下げる原因では無いのです。


最近では、集中豪雨(ゲリラ雷雨)の被害で、家が浸水する可能性が高まってきていますよね?

実際に、汚泥が侵入した家などがTVで放映されたりもします。


こんな痛いめに会うぐらいなら、賃貸か激安の家で十分と考える人が増えているのです。


仮に、ゲリラ豪雨で家の被害が無かったとしても、車が水没する可能性もあるのです。



TVで見た例では、一家全員の車が水没して廃車になってしまった世帯主です。

全部で4台だったようですね。

1台150万円としても・・・・、合計600万円の被害ということになります。


保険に入っていれば問題ないのかもしれませんが、自動車の災害保険に入っている人なんて、2割もいないのではないでしょうか?


突然、災害の被害者になってしまう様子をテレビで見ているのですから、用心深くなるのも当たり前ですよね?


地震や火事に対しては、保険で備える人は多いのです。


しかし、ゲリラ雷雨が増えている今・・・・さらなる対策を取らないと、払えない被害額が遅い掛かってくるかもしれませんよ!


この先、BESSの家が欲しいと思っても、ローコストメーカーに流れていく客は多くなることでしょう。

そんな施主が増えていった先には、BESSの倒産破産ということも予想できる事なのかもしれません。


BESS山形の倒産は、それを先取りした形になったのかもしれませんね?


いづれにしろ、生活上のリスクを減らすという考え方が浸透している今、消費者はローンを組んでまでの消費を抑えようとするでしょう。

住宅や自動車販売会社はハイエンド商品を諦めるという戦略を考える必要があるのかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ