Entries

スポンサーリンク




タマホーム、トラブルで多いのは?

タマホームだけがトラブルが多いとは思いません。

タマホームに限らずとも、他の住宅メーカーでも施主とのトラブルを根絶することは困難です。

しかし、ネットで見ている分には、タマホームの場合は「坪単価」に関するトラブルや問題が多いように見えてしまいます。


いったい、タマホームの坪単価の何がトラブル要因なのでしょうか?


調べてみたところ、いくつか目につくものがあったのでご紹介いたします。


・タマホームの「坪単価25.8万円」は、施工面積が35坪以上の条件がある

・タマホームでは坪単価の計算を「延べ床面積」ではなく、「施工面積」で計算している。つまり、床の無い吹き抜け部分も坪単価分もお金を計上される。さらに、ベランダやバルコニー、ポーチ等にも坪単価25.8万円が計算される。


大手の住宅メーカーでは、坪単価は「延べ床面積」で計算されていることが多いのです。それとは逆にローコストメーカーの坪単価は「施工面積」で計算される事が多いみたいです。

これは、坪単価を安く見せるための「技」とでも言えばよいのでしょうか?


このような事を知っている人ならば、吹き抜けやバルコニーの無い間取りを選択し、ポーチなどの工事は他社に頼むことでローコストを実現できるでしょう。


しかし、タマホームの坪単価マジックを知らない人からすると・・・トラブルの原因となってしまう恐れもあるのかもしれません。


都会ならば、35坪以下の家を求める人も多いことでしょう。

また、坪単価は「延べ床面積」で計算するものだと思い込んでいる人もいるハズです。


このような人は、タマホームの坪単価でトラブルとなる可能性が高いのかもしれませんね。


くれぐれも注意していただきたいのは、家を建てる時は「坪単価」を忘れてしまう事が一番の方法だということです。


必要な広さと装備の家を適切な価格で買うことが大切なことであって、安い坪単価を目指す事が目的ではないハズです。


タマホームに限った話しではありませんが、特にローコスト系の住宅メーカーに気を引かれている人は、「坪単価」を考えない方がトラブルが減るのかもしれませんね!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ