Entries

スポンサーリンク




オスカーホームの床暖房・・

オスカーホームの床暖房のメンテナンスのページを読んでみて、床暖房って楽ではないなーなんて思いました。

オスカーホームに限らなくても、床暖房には注意点は複数あるのだと思います。

いくつかのデメリットを挙げてみると・・・


・室内は乾燥します。これは床暖房に限った話ではないですけどね!

・床暖房内のお湯の温度が適温になったとしても、室温が上昇するまでには時間がかかる。

・上の例とは逆に、暑くなったからといって床暖房のスイッチを切っても70度のお湯が冷めるまでに時間がかかる。

・乳児、乳幼児がいる場合は、低温火傷の心配から床に寝かせられない。だからといってソファーの上などでは転落の危険性も出てくる。

・冬以外の季節でも、メンテナンスの為に、たまに運転させなければいけないのが面倒。

・床暖房のパイプ内の循環水にも寿命がありますので交換が必要。


どうでしょうか?

床暖房のメリットばかりに目を奪われていると、上記のようなデメリットに気づかないもんですよ。


オスカーホームの床暖房といっても色々な種類が揃えてあると思うので、慎重に選ばなくてはいけないですね。


私が特に心配なのが、スイッチを切っても循環水の温度は70度近くあるということです。

これは蓄熱式暖房にも言える事なのですが、日が指してリビングが暑い状態になっても、急に温度を下げることができないのです。


この苦しみは経験者にしか理解できないと思いますよ。

冬なのに灼熱地獄を味わうような感じですね。


日当たりが急に良くなってきて、冬なのに窓を開けている家は床暖房か蓄熱式暖房の家の場合が多いですよ。


オスカーホームの担当者には、各暖房設備のメリットとデメリットを再確認したほうが失敗は減るかもしれませんね!


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ