Entries

スポンサーリンク




無添加住宅の坪単価は・・・

無添加住宅の坪単価は高くなる傾向のようです。

しかし、無添加住宅を希望する人は価格や坪単価が高くても構わないと思っているのかもしれませんね?

なぜなら、無添加住宅を求める人の中には「化学物質アレルギー」「化学物質過敏症」の人が多いと思われるからです。


化学物質アレルギーの人でも、ひどい人は合成洗剤で洗った服に触れただけで、その服が合成洗剤で洗われているということがわかるのだそうです。

おそらく、肌に異常が出るのでしょう。


そのような人は、壁紙や合成ベニヤに含まれている化学物質にも反応してしまうのだそうです。



ですから、価格や坪単価が高くなっても無添加住宅を必要としているのでしょうね。


私は読んだことは無いのですが、「無添加住宅! 化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家」という本があるそうです。


無垢のフローリング材、漆喰の壁、炭化コルクの断熱材、天然素材の接着剤、柿渋を利用した防虫剤などを使用する家が紹介されているようなのですが・・・・


このような完全無添加住宅なら、坪単価も上がってしまって当然と思ってしまいます。


30坪の無添加住宅の例の場合は、坪単価は70万円を超えるそうです。



アレルギーを持っていない普通の人は、なかなか出せない値段ではないでしょうか?


「無添加住宅! 化学物質を使わない、世界でいちばん自然に近い家」の紹介文には、一番の問題点は化学接着剤と書いてありました。


そうなると、集成材やベニヤは使えませんから・・・・


無添加住宅の坪単価は高くて当然でしょうね。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ