Entries

スポンサーリンク




ブラインドシャッターの価格って・・・

ブラインドシャッターの価格って、どのくらいが基準なのでしょうか?

付けて良かったと感じる装備のひとつに「ブラインドシャッター」を挙げる人の割合は多いようですが・・・

実際にブラインドシャッターを付けている人の総数は、まだまだ少ないのが現状みたいですね。

しかし、そんなに便利な装備であるブラインドシャッターならば、誰だって付けるハズなんですけどもね・・・

実は、電動のブラインドシャッターの価格ってかなり高いんですよねー。


しかしね、いくら価格が高いといってもそれなりの価値があるならば検討してみても良いのではないでしょうか?


だって、雨戸の予算とカーテンの予算から見ると、「2倍」ぐらいの価格差で済む場合もあるかもしれません。


皆さん、意外に思うかもしれませんが、ブラインドシャッターを付けたらカーテンは要らなくなりますからね。



リフォーム時であれば、カーテンが無駄になったり、配線を引き直したりで無駄が多いですね。


しかし、新築時だったら価格差分の価値はありそうですね。



だいたい、全部の窓にブラインドシャッターを付ける必要は無いですよね。


普通は、通りに面した窓か、南向きか西向きの窓ぐらいですよ。


高気密高断熱の家は、夏は熱がこもりやすいので日差し対策が必須となります。


軒を大きく出したり、遮光カーテンなどで対策する予算があるならば、ブラインドシャッターも検討してみても損はないと思います。



家を建てる時は「あれもこれも」となりがちですが、デザイン家具や高級キッチンの価格を削ってでも、ブラインドシャッターにする価値はあるのではないでしょうかねー?


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ