Entries

スポンサーリンク




イザットハウスのQ値を気にする・・・

イザットハウスのQ値を知りたいと思う人が、意外なほどに多いようです。

やはり、イザットハウスが外断熱を採用しているせいなのか、フェノールフォームのネオマフォームを使っているからでしょうか?

いわゆる、「断熱マニア」と称される人もいるのですが、そうでなくても断熱性能に興味のある人がイザットハウスのQ値を知りたいと思ったとしても不思議ではないでしょう。


しかし、知らない人の方が多いと思いますが、断熱性を表す「Q値」は断熱材だけでは決まらないのです。


簡単に言えば、間取りや家の形によってもQ値は変わってきてしまいます。


これは、何もイザットハウスに限った話しではありません。


どのメーカーの断熱材にも言える事なのです。



そして、一番大切なことは・・・・キチッと施工される事なんですね。

いくら計算上のQ値が良かったとしても、計算通りの断熱性能が出せるとは限らないのです。


これは、気密性を表すC値にも言えることです。



そして、断熱というのは断熱材だけで決まるものではありません。

窓などの開口部はもちろんのことですが、換気装置や基礎の断熱に対する考え方も大切になってくるのです。

つまり、家に対してコストも含めて、トータル的に考えることが必要なのです。



イザットハウスの外断熱が悪いとは思いませんが、Q値を気にするようなあなたであれば・・・・


屋根や小屋裏などの形が複雑な部分は、アイシネンなどの吹付け断熱も併用する事なども考慮に入れてはどうでしょうか?

気密がアップするのはもちろんですが、屋根の断熱性能はネオマフォーム一枚張りでは足りないようにも感じますね!


当然、Q値はアップしますよ!

ついでに、価格もアップですがね・・・

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ