Entries

スポンサーリンク




イングランドカントリーハウスの価格は?

イングランドカントリーハウスの家を望んでいる人にとって大切なのは・・・イングランドカントリーハウスの家の価格や値段ですよね。

いくら自然素材が使われていると言っても、価格が高ければ買えないのですから、つまりは「絵に描いた餅」ですね。

仮に、奥様がイングランドカントリーハウスのモミの木の内装をどんなに気に入ったとしても、旦那様は家の価格や値段の方が気になったりするものですよ。


そうかといって、坪単価20万円台の家では、新建材などの使用が気になってきますものね。

こんなところから、夫婦喧嘩が始まってしまったりもするのですから馬鹿にはできません。


そこで、私がお勧めしたいのは・・・・


イングランドカントリーハウスのような自然素材などにこだわって、家の価格が高くなってしまいそうな時には・・・・


思い切って、家の延床面積を小さくしてみてはどうでしょうか?


つまり、小さな家にするのです。


この手法は、些細なコストカットを積み上げるのとは違って、簡単に家の価格を下げることが可能です。



広いリビングや個室を希望する気持ちも理解できますが、狭くても快適な家を建てることは可能だと思います。


簡単に言えば、断熱性能を高めておけば快適になるのです。


部屋が10部屋もある田舎の家などは広くて快適そうに思えますが、冬には、リビングとキッチンにしか人は居ません。

なぜなら、他の部屋は寒いので暖房の効いている部屋にしか人が集まらないのです。


つまり、冬の4ヶ月間は狭い家で暮らしているのと同じなのです。


最近の高断熱の家ならば、家のどこに居ても暖かいのが普通なので、狭い家でも広く使えるって事なんですね。


イングランドカントリーハウスのようなデザインが良いのかどうかは別にしても、奥様のこだわりを実現させたい時は、価格なども含めてどこかで妥協しなければ、夫婦に危機が訪れることになるかもしれませんよ!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ