Entries

スポンサーリンク




住友林業、値引きって・・・

住友林業で建てたいと考えている人でも、どんな価格でもオッケーという人は少ないと思います。

ほとんどの方は、家の装備を削りに削ってというパターンか、家の大きさ自体を小さくするというパターンだと思います。

この場合は、夫婦で考えた方が食い違って・・・・最後は喧嘩になってしまうというのも多いと思います。

こんな時に頭によぎるのが、「値引き・割引き」ではないでしょうか?


この値引きというものに関しては、何も、住友林業に限った話しではないですよね?

最初から割安のローコストメーカーで建てる人でも、やはり値引きの要求はするのだと思います。


確かに、最後の2社ぐらいで迷った時などには、大きな値引きを提示された方に傾きがちですよね。


けれども、最初から「値引き、値引き!」と言い出すのは得策ではないと思います。


施主が家の構造に詳しくない場合、多額の値引き分が、構造体から差し引かれたとしても気づかないですからね。

住友林業などの大手の場合は、規格品などが決められているかもしれませんので、そんな事はできないかもしれませんが・・・


工務店などに依頼した場合などは、ネオマフォームなどの断熱材の厚さが薄くなるだけでも数十万円の差額が出せます。

釘を変えると、数万円ほど違ってきます。

構造用合板も同じです。

野地板なども、安い合板にするというのもアリですね。


充填断熱の場合でも、防湿気密シートを貼る手間を省くなら、大きな耳の付いた袋入りグラスウールを使うとラクです。


つまり、キッチンやエコキュートなどの装備は、施主も確認できますからね。勝手に変更するとバレちゃいます。


しかし、見えない部分などで工夫すると、80万円ぐらいなら簡単に浮かせることも出来ちゃうのです。


そういう事で、住友林業で建てようと考えている人でも、それ以外の人でも・・・・

値引きや割引きに過大な期待を寄せるのは止めておいた方が得策でしょう。

家を買うという事は、車を買うのとは違うのです。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ