Entries

スポンサーリンク




セキスイハイムの間取りで・・・

セキスイハイムの間取りで悩んでいるなら、セキスイハイムやセキスイハイム東海やセキスイハイム東北などのサイトの、間取り説明ページを見てみてはどうでしょうか?

他の住宅メーカよりも、間取りに関する説明が多いと感じると思います。

間取りは、家の構造によって制約を受ける場合がありますので、セキスイハイムで建てるならばセキスイハイムの間取り集を参考にするのが良いと思います。


例えば、軽量鉄骨構造の住宅メーカーに開放的な間取りが可能であったとしても、木造軸組工法では不可能な間取りになる可能性もあるのです。

仮に、契約した後に間取り変更を依頼しても、構造的に無理である場合は諦めるしかないですからね。


セキスイハイムの品質管理というページを見てみると、鉄骨系住宅の場合はユニット工法で木質系住宅の場合は壁式ユニット工法と紹介されていました。


いづれも、一軒の家を複数のユニットに分けて工場で組み立てるという工法です。

現場では、ユニットを組み上げるだけですのでメリットも多いと思います。


しかし、間取りという面においては・・・・やはり制約が多いのではないでしょうか?


セキスイハイムのユニット工法に限ったことではないですが、完全に自由な間取りを求める事のメリットとデメリットを天秤に掛けて考えなくてはならないですね!

家は、間取りも大切ですが・・・強度やコストやメンテナンス費なども大切ですからね!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ