Entries

スポンサーリンク




「らいずほーむ」の構造・工法は?

らいずほーむの構造を調べる人が多い事に驚きます。

らいずほーむの構造や工法を調べてみても、特徴のあるものではないと思うんですけどね。

らいずほーむの構造は、耐力壁を用いた一般的なものですが・・・「CAPSパネル」工法としてポリスチレンフォームが一体化されています。


床の構造も、一般的に「ネダレス」と呼ばれるものと似た感じですね。


「らいずほーむ」の家の、どの部分の構造や工法を見ても特殊性は少ないと感じます。


それでは何故に、らいずほーむの構造を調べる人が多いのでしょうか?


私が思うには、富士ハウスが特殊な工法を用いていた事が原因なのではないかと思います。


富士ハウスが破綻した時、残りの工事を依頼しようとしても、特殊な工法だったために普通の大工さんから断られるという事態が発生したようです。


その住宅メーカーのオリジナルの工法や構造ってものは、他のメーカーでは扱えないという欠点が露呈した瞬間ですね。


富士ハウスのオリジナル工法で痛い目にあった施主さんは、次に建てる時は一般的な工法にしようと考えたとしても不思議ではありません。


こういう経緯から、らいずほーむの構造や工法を調べてみる施主さんが多いのかもしれませんね?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ