Entries

スポンサーリンク




住友不動産、「新築そっくりさん」で補助金詐欺?

住友不動産が耐震改修の補助金を不正に受給していたという記事が、日経ホームビルダーに掲載されていました。

記事のタイトルは、「新築そっくりさん、補助金申請改ざんの真相」です。

住友不動産が、1億7千万円の補助金を不正受給したというのですから・・・大問題ですね。

最近では、中国人が子育て支援金や生活保護費を不正受給するという詐欺が問題になっていますが・・・

住友不動産も中国人詐欺師と同レベルということになってしまいましたね。

リフォームプランである住友不動産の「新築そっくりさん」ですが、耐震改修の補助金を受けることができます。

この時に申請書を出すのだと思いますが、その書類を「改ざん&偽造」したのです。


入国審査でパスポートを偽造する犯罪者と同じ手口ですね。


新築そっくりさんを利用した補助金詐欺でも、仮に、1件や2件のレベルであれば同情の余地もあるかもしれません。


しかし今回、住友不動産が行った補助金詐欺を目的とした書類改ざんは、なんと、319件です。


あきれます。

泥棒と同じです。


住友不動産が行った書類改ざんの手口は、「補助金交付決定前に工事契約を結んで着工しておきながら、日付を改竄した契約書の写しや領収書を実績報告書に添付して県に提出し、事前申請を日常的に装っていたという。改竄は歴代事業所長も黙認していた。」です。


ここでさらにあきれるのが、住友不動産住宅再生事業本部の中野誠副本部長の言い訳です。


「補助金が全額契約者に交付されており、着服などはなかったと強調」!!!!


兵庫県の方と新築そっくりさんで補助金を受け取った方は、住友不動産からバカにされていると自覚した方がいいのではないでしょうか?

兵庫県民の税金は、住友不動産が書類を改ざんして申請者が不正に補助金を受け取りました。


そして住友不動産は、「不正に補助金を受け取ったのは新築そっくりさんのお客であって、住友不動産ではない」という意味の発言をしています。


補助金が最後に辿り着くのは、住友不動産です。


まして、住友不動産が行った補助金詐欺のための書類改ざんは客のためだったという「責任逃れ」。。。


大手の住宅メーカーだからといって、決して、「正義」だとは限らないのです。


おおっとーーー。


住友不動産は、大阪府でも補助金の不正受給を手伝っていたみたいです。

兵庫だけでなく、大阪府民も怒るべきですね。


神戸新聞の見出しです・・・「住友不動産が1億円超不正受給」。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ