Entries

スポンサーリンク




ダイワハウスの価格帯・・・

ダイワハウスの価格は、やはり高い部類だと言えると思います。

ダイワハウス以外にも、積水ハウスや住友林業の家の価格や値段も高く感じてしまいますよね?

最近では、「坪単価が25万円~」といったようなローコストメーカーの宣伝を見ていることも、大手住宅メーカーの価格が高く感じる一因かもしれません。

しかし、最近では大手の住宅メーカーでも低価格のプランを押し出してくるところも増えてきましたよね。


やはり、これからの時代はローコスト住宅に力を入れていかないと集客できないのかもしれませんね?


さて、ダイワハウスなどの大手の場合に魅力なのが、制振装置などのオプションが選べることです。


ローコストメーカーなどでは設定すらされていないこともありますからね。


まして、免震装置などは大手でしか選択できないでしょう。


しかし、制振装置の価格は決して安いとは言えない値段ですね。


一軒あたり、30万円から50万円ほどの価格になってしまうようです。



それにしても、ダイワハウスの XEVO(ジーヴォ)ってプラン数が増えましたよねー。


・XEVO(ジーヴォ)E

・XEVO(ジーヴォ)FU

・XEVO(ジーヴォ)EDDI (鈴木エドワード氏がコラボレーション)

・XEVO(ジーヴォ)C

・XEVO(ジーヴォ)AI

・XEVO(ジーヴォ)V (プラン限定住宅)

・XEVO(ジーヴォ)T (3階建て)

・XEVO(ジーヴォ)WW (木造・自由設計)

・XEVO(ジーヴォ)KU (木造・自由設計)

・XEVO(ジーヴォ)WV (木造・インフィルフリー)



どうでしょうか?

ダイワハウスは、XEVO(ジーヴォ)に力が入っているのが良くわかりますね。


それにしても、XEVO(ジーヴォ)の特徴は鉄骨住宅だと思っていましたが、勘違いだったみたいです。


ダイワハウスのサイトのXEVO(ジーヴォ)の特徴には、「外張り断熱、ジーコート、耐震、制振、免震、太陽光発電」が記載されていました。


XEVO(ジーヴォ)は鉄骨とは書いてありませんね。


だから、WW、KU、WV といったプランは木造でもXEVO(ジーヴォ)の名前が付いているんですね。


ところで・・・、木造だと価格や値段は安くなるのでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ