Entries

スポンサーリンク




イザットハウスの間取り・・・

イザットハウスで間取りを考える場合は、イザットハウスの宣伝文句である「エアコン1台で冷暖房」という意味を考慮するべきだと思います。

イザットハウスは、ネオマフォームを使った外断熱ですね。

Q値やC値も高いことを唄っていますから、断熱性能に不満はないことでしょう。

こうなってくると、「全館暖房や全館冷房」という言葉が頭に浮かんできますよね?


つまり、イザットハウスで間取りを考える場合は、家全体を暖房したり冷房したりすることを考慮すべきだということです。


昔の家のように、居間は20数℃だが・・・・廊下やトイレや風呂は0℃なんてイメージではないですね。


廊下に出ても20℃。

トイレも20℃。

玄関ホールも20℃、という具合です。


このような温熱環境のためには、冷暖房された空気が家中を循環するのが理想です。

つまり、空気的に言えば、間取りは閉鎖的ではダメってことです。


間取りに関して言えば、オープンな間取りが理想的ということになります。

当然、イザットハウスからも間取りに関するアドバイスはされると思います。


古い家にしか住んだことの無い人は、なかなかイメージできないのがオープンな間取りによる温熱環境です。


基本的には、24時間暖房&冷房ですね。


でかける時も、エアコンは付けたまま出掛けることになります。


電気代がもったいないように感じるでしょうけども・・・・


おそらく、エアコン点けっ放しの方が電気代は安くなると思います。


このあたりのことも、イザットハウスに聞いてみると良いと思います。


安い深夜電力で暖めたり冷やしたりした家全体を、出掛けるたびにエアコンを止めるのは逆に非効率になるのです。


なかなか、イメージできないと思いますがね。


今回説明したことが納得できない場合は、閉鎖的な間取りを選択するべきだと思いますよ!


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ