Entries

スポンサーリンク




夢発電を「i-cube」で?

i-cubeに夢発電を搭載することが注目を集め始めているようです。

一条工務店には色々なプランが存在している中で、なぜi-cubeと夢発電の組み合わせが突出してきているのでしょうか?

その一因に、i-cubeの断熱性能の高さがあると思うのは私だけでしょうか?


一条工務店のi-cubeは、Q値が0.76という高断熱仕様です。

さらに、熱交換換気システムに断熱ハニカムシェードも備えているのですから脱帽です。


i-cubeの冷暖房費は、次世代省エネ基準の家の4分の1ということですから、光熱費もかなり割安になることでしょう。


ここで、夢発電との絡みが見えてくると思うのですよねー。


つまり、夢発電で得られる金額から実際の光熱費を引いた分が儲けになるってことですよねー。


徹底的な高断熱のi-cubeですと、発電で得られた金額から差し引かれる光熱費は少なくなります。


もしかしたら、発電での収入と光熱費がトントンになる可能性もあるのです。


実際に暮らしていたならば、これは嬉しいのではないでしょうか?


太陽光発電を乗せた場合は、使用電力や発電電力量がモニターで見ることができます。


そうなれば、こまめに電気を切ったりという行動も増えることでしょう。


つまり何が言いたいかと言うと・・・・


夢発電のような太陽光発電システムを乗せる家は、i-cubeのような高断熱の家が適しているということです。


せっかく太陽光発電で発電したとしても、高断熱の家でなければ、エネルギーはダダ漏れになってしまいます。


これでは、本末転倒ですよね?


やはり、理想的には・・・高気密高断熱に予算を振り分けるのが先だと思います。


その上での夢発電(太陽光発電システム)でしょう。


そうなると、i-cubeの高断熱と夢発電はとても相性が良いということになりますね!


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ