Entries

スポンサーリンク




県民共済と「リスタ」で割安保険!

この記事では、日本震災パートナーズの「リスタ」と県民共済を組み合わせて、保険料を安くする方法をご紹介いたします・・・・・・。


さて、住宅ローンを払い続けていかなければならない人にとっては、使うかどうか分からない保険料に無駄なお金を払いたくはないですよね?

そこで皆さんが考えるのが、保険料の節約テクニックです。

安い火災保険で有名なのが、都道府県民共済なのですが・・・・県民共済にも欠点があるんですよね。

それは、県民共済火災保険の地震時の保証は、加入額の5%までしか保証されないということです。

2000万円の家が地震で倒壊しても、100万円しか支払われないのです。

これでは、とても家を建て直すことはできませんよね。


そこで、県民共済にプラスして、日本震災パートナーズの地震保証保険である「リスタ」にも加入するのです。


ここでは、東京都にお住まいの4人家族を例といたしますと・・・・

Bタイプというプランで、月々の保険料は2140円です。

これですと、全壊で700万円、大規模半壊で350万円、半壊で約116万円が支払われる保証となります。


これがAプランですと、月々の保険料が2660円で、全壊時に900万円が支払われることになります。


これでは、まったく同じ家を建て替えるというわけにはいきませんが、最低限の保証にはなるでしょう。



地震で生活が壊れる確率と、経済的に苦しくなってローンを払えなくなる確率を較べると・・・・どっちが高確率なのでしょうか?


大きい金額の保険に入ってローンに苦しむのは、本末転倒のような気もします。


そう考えるのであれば、県民共済とリスタを組み合わせて保険料を節約するテクニックは有効なものになるでしょう。


しかし、リスタにも欠点がありますよ。

それは、「一部損」は保証の対象にならないということです。


さらに、県民共済とリスタの組み合わせが安くなるのは、1981年以降に建てられた築30年以内の木造住宅の場合に
限られるとのことです。


今までは、火災保険と地震保険の同時加入しか方法が無かったのですが・・・・

地震補償保険「リスタ」の登場によって、選択肢が増えたというのは嬉しいことですよね!



関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ