Entries

スポンサーリンク




パナホームの太陽光パネルは・・・

パナホームの太陽光発電パネルは、京セラ製の発電パネルのようですね?

京セラの太陽光発電パネルの、ハウスメーカー採用例のページにパナホームのエルソラーナの名前がありました。

パナホームのエルソラーナに採用されているのは、京セラの太陽光発電システム「SAMURAI」(パナホーム仕様)のようです。


私は太陽光パネルに関しては詳しくないのですが・・・・、パネルメーカーによって発電効率は違っているという話しを聞いた事があります。

そうであるならば、できるだけ効率の高い太陽光発電パネルを載せたいと思うのが普通ですよねー。


住宅を建てた後で発電パネルを載せるのであれば、どのパネルメーカーのものでも選ぶことができます。


しかし、パナホームのエルソラーナのような商品プランでは、パネルのメーカーを選ぶということはできないと思います。

一応、京セラの中にも発電パネルのラインナップは複数あるのですが・・・これも「SAMURAI」で固定ですね。

「SAMURAI」は、デザイン性と設置スペースを重視した太陽光発電パネルのようです。

このパネルの発電効率が良いのかどうかは知りませんが、屋根の隅々までにパネルを載せることができるようですので・・・最終的な発電量は増える可能性が高いですね。


京セラには、瓦一体型太陽電池「ヘイバーン」というパネルも存在します。

デザインではこれが一番かもしれません。



さて、パナホームのソーラー発電システムには、「ソーラー発電モニタ」が付属しています。

実は、この「ソーラー発電モニタ」が意外にも重要なのはご存知でしょうか?


節電を考えた場合に、一番に効くのは・・・電気を使わない事です。

発電するよりも、電気の使用量を減らすのが手っ取り早い方法なんですね。


この節電の意識は家族全員で持ったほうが良いのですが、普通の家庭では、家計を預かる母親しか節電意識を持たないものです。


そこに「ソーラー発電モニタ」が取り付けられると、発電量や使用量がグラフなどで分り易く表示されるようになります。


子供やお父さんは、これに興味を示すことが多いのです。

結果として、節電の行動に繋がるということになるんですね。


現在の太陽光発電パネルの発電量を考えると・・・・・

パナホームの太陽光発電システムによる最大のエコのポイントは、ソーラー発電モニタを駆使して、家族の省エネ意識を高められるかどうかに掛かっていると言えそうです。


これはあくまで、私の意見ですので・・・・。

特に、積雪地域は発電量が少ないですので、元を取るのも大変みたいですよ。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ