Entries

スポンサーリンク




積水ハウス、標準の断熱仕様は?

積水ハウスは大手の住宅メーカーなのですが、高断熱に力を入れているメーカーとは、あまり認識されていなかったと思います。

超高断熱仕様の住宅を建てるメーカーと言えば、一条工務店とスウェーデンハウスが思い浮かびますよね?

一条工務店の断熱仕様は、標準でQ値が1.0を下回る高断熱です。

また、スウェーデンハウスの断熱仕様は、標準でQ値が1.3前後です。

(今、見てみると・・・スウェーデンハウスの断熱はそんなに凄くないなー?)

それでは、積水ハウスの断熱仕様はどのくらいなのでしょうか?


一応、積水ハウスのホームページを見てみましたところ・・・

「断熱性」という項目に・・・

「積水ハウスは標準仕様で次世代省エネルギー基準をクリア。各部位に適切な断熱材を施すとともに、小さな熱の出入りも見逃さないオリジナル断熱仕様(ぐるりん断熱)を採用。高い断熱性と気密性で冷暖房効率を高め、“夏涼しく、冬暖かい”快適な住まいを実現しています。」と書いてありました。


つまり、標準での積水ハウスの断熱性能は「次世代省エネ基準クリア」程度ということですね。


さて、ここで気になるのが「ぐるりん断熱」という言葉です。

この「ぐるりん断熱」というものがどういうものなのかは後日に調べるつもりですが・・・

積水ハウスの標準断熱は、この「ぐるりん断熱」を採用して次世代省エネルギー基準をクリアしているのか?

それとも、標準でクリアしているけども、さらに高断熱仕様として「ぐるりん断熱」もオプション設定しているのでしょうか?


このあたりが分かりにくい部分ですね。


しかし、次世代省エネ基準クリア程度の建物のQ値は・・・Ⅳ地域だと2.6前後だと思われます。

現代においては、「次世代省エネ基準クリア」では高断熱とは言えないのではないでしょうか?


もしかしたら積水ハウスには、さらに高断熱仕様のオプションが存在するかもしれませんので、調べてみますね。

ぐるりん断熱が、そうなのかもしれませんけどねー?


超高断熱を唄うには、Q値は1.0前後を・・・

高断熱を唄うからには、Q値は1.6~1.9ぐらいを期待してしまいますね!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ