Entries

スポンサーリンク




タマホームの「大地の家」は・・・

タマホームの「大地の家」は、タマホームのラインナップの中でも高断熱に力を入れた家のようです。

大地の家は、北海道の気候に左右されない室内環境を実現する事が謳われている高気密高断熱住宅です。

暖房方法は、本州では馴染みのない「全居室へのオイルパネルヒーターの設置」という事ですから・・・・

「大地の家」は、「北海道の方のために開発した」とタマホームが言うだけの事はあります。


しかし、寒さの厳しい北海道のユーザーは、タマホームの高断熱住宅「大地の家」をどのように評価しているものなのでしょうか?

現代の北海道のレベルですと、外断熱であれば評価されるというものではないと思います。

圧倒的なまでの高断熱住宅でないと認められないと思うのですがねー・・・。


それではタマホームの「大地の家」の詳細を見てみることにいたします。


・全室パネルヒーター

・前熱交換型24時間換気システム

・基礎外断熱(カネライト75ミリ厚)

・天井はニューブローエース300ミリ厚

・外壁はカネライト75ミリ厚

・樹脂サッシ&2重ガラス



目標とするQ値までは発表されてはいないので、なんとも言えないのですが・・・・

タマホームの大地の家は、本州では高断熱と呼べるレベルの断熱性能だと思います。


しかし、各住宅メーカーが断熱を競いあう北海道では、見劣りするように思えますね。


やはりQ値では、1.0前後のレベルを実現しないと競争の舞台にも立てないのではないでしょうか?


タマホームのサイトを見ても、気密と断熱に関する情報が少ないように感じます。

これでは、消費者からは「タマホームは断熱に力を入れないメーカーなんだな。」と認識されてしまいます。


しかし、調べてみると「NEW大地の家」というものもあるようですので・・・・


これは、より高断熱化したプランかもしれません。


これから、NEW大地の家の評判なども、しっかりと調べてみたいと思います!




関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ