Entries

スポンサーリンク




インフルエンザB型でイナビルを・・・効かないことはない。

インフルエンザのB型になってしまって、長引いてしまいました。

今回は、インフルエンザ治療薬として処方されたのが「タミフル」「イナビル」だったんですね。

最初にタミフルを飲んで熱が下がったのですが、タミフルの副作用なのか下痢の症状が出てきて大変でした。


そこでタミフルの服用を止めたのですが、再度、39度近い発熱となってしまいました。

ここから2日ほど高熱に悩まされたので、今度はイナビルを処方されたわけです。


一度目の病院とは違う病院に行ったのですが、お医者様は「タミフルはB型に効かないよ」と言っていました。



いまいちよくわからなかったのでネットで調べたら、インフルエンザB型は二峰性を示すそうです。

つまり、一度熱が下がったとしても、再度、発熱するという特性みたいなんですね。



どうにもこうにもならなかったわけですが、なんとか熱が下がって治ったというしだいです。



みなさんは「イナビル」をご存知ない方も多いと思いますので、イナビルに関しての情報を足しておきます。



イナビルは吸入粉末剤ですが、リレンザとは違って、一度だけ吸入したらオッケーなインフルエンザ治療薬です。


説明書には幼児の異常行動について気をつけるように書いてありますが、ほとんど無いと言っていいレベルのようです。



イナビルの副作用も、ほとんど無いというレベルのようです。一部では鼻血が出るという人もいましたが、高熱が出たときなどは粘膜なども弱っていることが多いですから、鼻血が単純にイナビルの副作用とは言い切れないようです。



イナビルの耐性菌は出ていないハズです。


発売から半年ほどしかたっていない治療薬ですので、耐性菌が出てくるのは当分あとになることでしょう。



味は、けっしておいしいものではありませんでしたよ。



そして吸入薬に慣れていない人は、吸入時に咳き込む場合もあるかもしれません。




来年あたりからは、タミフル・リレンザ・イナビルの名前は広く知れ渡ることになるでしょうけでも・・・・



一歩先に経験いたしましたので、お知らせしておきました。



住宅の情報を探しているような方は子供がいらっしゃる家庭が多いことでしょうから、インフルエンザには悩まされることが多いでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ