Entries

スポンサーリンク




三井ホーム、免震住宅の価格は?

三井ホームには木造建築物用免震システムである「M-400」という免震住宅が用意してあります。

しかし、誰もが耐震や免震技術を備えた住宅を欲しいと思うのですが、価格が高くなるのが欠点ですね。

三井ホームの免震装置は、オイルダンパーを使ったボールベアリング支持方式です。

免震装置には、積層ゴム式やエアー免震式などもありますので、それらと比較すると価格的にはどうなるのですかね?


お金がありふれるほどに持っていらっしゃるかたは、免震装置を導入することに問題はありません。


しかし、価格的な面を考えると・・・一般の方には少し高く感じる価格設定の場合が多いのではないでしょうか?



免震装置に掛けるお金があるならば、液状化現象を防ぐ工事を地盤に施したほうが良い結果になる事もあり得るわけです。


そうなると、免震装置と液状化対策費用を天秤にかけて考えなくてはならなくなります。



また、免震装置を止めた分を耐震にまわすという考え方もあります。


三井ホームの耐震等級が2であるとするならば、予算をかけて耐震等級3の家を手に入れるという考え方も間違いではないと思います。



今回の震災で起こった液状化の被害を目の当たりにすると、いくら免震装置があったとしても家が傾いたのでは暮らし続けていくことは無理ですからね。



それは、積層ゴムタイプやエアー免震タイプでも同じことが言えると思います。



家を建てる場合、災害対策を施せば施すほどに価格はアップしていくのは当たり前です。



自分が家を建てる土地の立地条件や特徴をよく考えてからでないと、必要な装備や対策というのは見えてこないでしょう。



これは火災保険や地震保険にも言えることだと思います。



三井ホームの免震システム「M-400」は、阪神淡路大震災の揺れでも花瓶やワイングラスさえも倒れないといいます。


近所の家が地震で被害を受けていたとしても、我が家はワイングラスさえも倒れていないというのは・・・


「免震装置を導入しておいて良かったなー」と思える瞬間でしょうね!

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ