Entries

スポンサーリンク




三井ホームの断熱や断熱材は?

三井ホームの全館空調の事を書いていて思ったのは、三井ホームの断熱や断熱材はどのようなものを使っているのかということでした。

確かに、全館空調を導入したら快適になることでしょう。

しかし、断熱や断熱材がしっかりしていなければ電気代もかかりますし、快適さも低減してしまいますよね?

そこで、改めて三井ホームの断熱についてを調べてみることにいたしました。


三井ホームのサイトによると、屋根の断熱が特別と書いてありました。


ダブルシールドパネルという断熱方法で、2枚の構造用面材の間にサンドイッチするようにEPS断熱材を入れるのだそうです。


普通の家は天井断熱ですが、三井ホームのダブルシールドパネルですと「屋根断熱」となります。


しかし、屋根断熱の断熱材であるEPSの厚さは記載されていませんでした。

なんで?




そして「次世代省エネ基準をはるかに上回る断熱性能」という部分では・・・


三井ホーム標準仕様のQ値は「1.98」

プレミアムエコ仕様のQ値は「1.42」


・・・と書いてありました。


しかし、壁の断熱材は90ミリのロックウールのハズですので・・・こんな断熱性能を出せるようには見えないのですけどもね?



しかも、サッシもアルミ樹脂の複合サッシです。


複合サッシはアルミサッシから比較すると断熱性能は高いのですが、樹脂サッシから見れば明らかに劣るハズです。


三井ホームは屋根の断熱に関しては普通以上かもしれないですが・・・・



この断熱装備でQ値が2.0を下回れるものでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ