Entries

スポンサーリンク




エス・バイ・エルが買収された!

エス・バイ・エルが買収されてしまいましたね。

その買収の相手は、住宅業界ではなくて、家電のヤマダ電機なのです。

買収されたエス・バイ・エルの社員も、まさかヤマダ電機に買収される事になるとは予想もしていなかったのではないでしょうか?

エス・バイ・エルと言えば、住宅メーカーの中では中堅といった位置づけだと思いますが、そのエス・バイ・エルを買収したヤマダ電機の思惑はどこにあるのでしょうか?

ヤマダ電機と言えば、最近では家庭用の蓄電池や太陽光発電やエコキュートなどを扱うようになっていました。



さらに、福島原発の爆発による計画停電のせいで、国民の間に節電意識が広がったためにスマートハウスと呼ばれる省エネ住宅への注目度が高まったわけです。

ヤマダ電機としては、蓄電池や太陽光発電やエコキュートを個別で販売するのではなくて、スマートハウスとしてセットで販売したいと考えたのではないでしょうか?



良く考えれば、エアコンや蓄暖や大型テレビなどまで含めて考えれば、ヤマダ電機のエス・バイ・エル買収はあながち間違いとは言えないのかもしれません。



オール電化の利便性が広くしれわたったことから、住宅設備のほとんどは家電になったとも言えます。



最近では、家電量販店がキッチンやユニットバスを販売する例も多くなってきていましたからね。



販売力をつけたヤマダ電機のような家電量販店が、エス・バイ・エルのような住宅メーカーを買収する例は増えていくのかもしれないですね。



しかし、太陽光発電も家庭用蓄電池もまだまだ高価な設備です。



スマートハウスが順調に販売数を増やしていけるとは限らないですから、ヤマダ電機の思惑通りになるのかどうか?



円高を利用した海外の買収案件は増大していますが、国内企業の買収も盛んになっていくのかもしれないですね。



それにしても、まさかヤマダ電機とエス・バイ・エルの買収劇が訪れるとは・・・・



世の中わからないものです。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ