Entries

スポンサーリンク




積水ハウスの強みは?

積水ハウスの強みはどの部分にあるのでしょうか?

そもそも、「積水ハウスの強み」などを知りたがるのは誰なのでしょうか?

ちなみに、お客の立場の人ではないでしょう。

お客でないならば、積水ハウスの営業マンでしょうか?

販売トークなどでも「我社の強みは・・・」とか「当社の強み」なんていうセリフを使ったりしていることと思われます。


しかし、時期にもよりますが、積水ハウスの強みを調べているのは就職活動を行なっている学生であることが多いのだと思います。

実査に、就活関連サイトにも積水ハウスをはじめとした各企業の強みや弱みが記載されていることが多いですからね。


「強み」以外にも、「特徴」「コンセプト」という単語を使うのが就活中の学生の特徴です。


一般の方が、「積水ハウスのコンセプト」なんていうセリフは使わないですからね。


「強み」というのも同様です。



積水ハウスに就職したいと願う学生は、積水ハウスの強みやコンセプトを調べて役に立つと考えているのでしょうか?


こんなものは全学生が調べていることですし、調べた結果である「答え」も同じものとなります。



面接担当者などは、数十回も数百回も同じセリフを聞くわけです。


こんな中で、調べた「積水ハウスの強み」を言ってみたところで・・・・全員が同じなのです。



テストとは違うのですね。

テストや試験は、全員が同じ答えであれば良いのです。

正解は一つしかないのですからね。



しかし、何十人も相手にしていると「答え」を言うヤツは魅力ゼロなわけです。



このあたりに気づかないと、もし積水ハウスに入社できたとしても使えない奴となってしまうハズです。


お客さままだって人間なんですからね。


同じようなセールストークを使うような担当者に信頼を寄せる人はいないでしょう。


学生は、そんなことは積水ハウスに入社してから考えると思っていることでしょう。




しかし、できないですね。


人間も企業も同じようなもので、強みが弱みに変わることがありますし、弱みだと思っていた部分が魅力的だと感じられることもあるのです。



それを、テストの答えを求めるようにして「積水ハウスの強み」などと検索しているようでは、器の大きさが小さいですと宣伝しているようなものです。



そう思いませんか?


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ