Entries

スポンサーリンク




パナソニックの家庭用蓄電池の価格

パナソニック製家庭用蓄電池が発表されましたが、価格は高いのでしょうか?

正確には、パナソニックの家庭用蓄電池は「産業住宅用リチウムイオン蓄電システム」です。

一般小売用ではなくて、住宅メーカーや工務店用の家庭用蓄電池システムになります。

ですので、一般家庭の方がパナソニック製蓄電池の価格を直接に気にする必要はないということですね。


しかし、いくら産業住宅用の家庭用蓄電池と言っても価格が安くなくては使ってもらえないですね。


容量は、1.6Kwタイプと3.2Kwタイプの二種類。


1.6Kwタイプ蓄電池の価格は、138万円です。

3.2Kwタイプ蓄電池の価格は、168万円です。


あまり安い価格とは言えないようですけども、システムとしての価格と考えればこんなものでしょうか?


家電量販店などで販売している家庭用蓄電池とは違って、このパナソニックの家庭用蓄電池は分電盤などへの接続が考慮されています。

この機能だけでも、価格を考えるならば低価格と言えるのではないでしょうか?


しかし欠点もありまして、パソコンのUPS替わりには使えないのだそうです。


なぜかと言いますと、停電時から通電までの切り替え待ち時間が20秒とのこと。


ノートパソコンなどであれば良いのですが、デスクトップパソコンですと落ちてしまいます。



それにしtも、震災後半年以上経った今、ソニーやパナソニックといった国産の家庭用蓄電池が増えてきていることを実感できるようになってきましたね。


あとは価格が問題となるだけでしょう。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ