Entries

スポンサーリンク




オカザキホームの評判は?

現在は経営再建途中のオカザキホームですけども、評判はすこぶる上々のようです。

オカザキホームの評判を上げている理由は、現在はアキュラホームがオカザキホームの経営再建を手がけているからだと思われます。

アキュラホームと言えば激安住宅を販売して評判を上げているハウスメーカーですけども、アキュラホームの社長も愉快な方で、社長自身の評判もとても良いのが印象的です。


オカザキホームの前身である旧岡崎住宅の評判の悪かった経営陣は退いてしまっていて、評判の良いアキュラホームの出身者がオカザキホームに来て手腕を振るっているのですから評判が上がらないわけがないですね。


アキュラホームの新美会長は、旧岡崎住宅の社員を一人もリストラをしなかったのだそうです。

変えたのは、社員の意識。

倒産してしまった旧岡崎住宅時代はワンマン経営でしたので、社員は自分の意見を言わないことが常識化してしまっていたのだそうです。

しかし、「誠実」という経営理念の元で意見を出し合えるようになった社員はモチベーションを下げることなく業務を遂行した結果・・・・


オカザキホームは、2008年のリーマン・ショックからのV字回復を実現したのです。


とにかく、ワンマン経営というものは評判が悪いものでして・・・うまくいっている時は良いのですが、一度悪くなってしまうと歯止めが効かなくなってしまうのですね。



そんな体質を3年で変えてしまったアキュラホーム出身者の実力は伊達ではないですね。



ハウスメーカーが、ただ売上を上げれば良かった時代は過ぎてしまったのかもしれません。


近所からの評判が良くないのに、地元を離れて経営拡大しようという考え方自体が間違っているのでしょうね。



とにかく、まだまだデフレが続きそうな感じの経済状況ですが・・・オカザキホームの例を見ればわかるように、どんな時代でも売上げを上げることはできるのですね。


不況だから収益が下がると考えている経営者は、まず、足元の地元での自社の評判を上げることを目標にしなければならないのかもしれないですね。




オカザキホームだけではなくて、びわこホームの例を見てもそれを感じてしまいますね。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ