Entries

スポンサーリンク




エルピーダメモリ破綻、社員はどうなる?

エルピーダメモリが破綻しましたが、エルピーダメモリの社員のこれからはどうなるのでしょうか?

特に、エルピーダメモリ主力の広島工場などの社員は、「これからどうなるか?」という不安感に苛まれていることでしょう。

社員の中には、住宅ローンを抱えている人もいることでしょう。

また、子供の教育費が必要な人も多いことでしょう。

エルピーダメモリの社員が、エルピーダが破綻したことによって将来がどうなるかを心配するのは必然です。

社員だけではなくて、派遣労働者も雇用に対する不安感が増大しているようです。

そして、正社員や派遣社員のこれからの雇用への心配に対しては「雇用は守るという今までの方針が継続されるよう・・・」と、広島西条公共職業安定所が回答しているようです。

さて、本末転倒と言われてしまいそうな「雇用を守る方針」ですが・・・・エルピーダメモリが再建できなかった要因が「雇用を守った」ことですね。


本来ならば、赤字が出ているエルピーダメモリはリストラを徹底して人件費を半減しなければならなかったわけですね。

半減どころか、4分の1にしなくては再建できないとも言われていましたね。



エルピーダメモリが破綻してしまったからこそ、次に再建する場合は全員解雇の覚悟が必要となります。


つまり、「エルピーダメモリが破綻して、正社員のこれからはどうなるか?」という質問への答えは・・・・・


ほぼ全員リストラです。

しかし、一部の人はエルピーダメモリに残ることはできるでしょうが・・・・年収は50%カットですね。


つまり、年収が800万円だった社員は400万円に!


給料の50%カットはオーバーだとしても、20%から30%カットが現実的でしょうか?



エルピーダメモリ社員は、リストラされるのも地獄、残るのも地獄ということになるのではないでしょうか?



できる限りの出費を抑えて生活をしていた人だけが正解だったということですね。




莫大な住宅ローンを組んだ方は・・・・本当にどうなるのでしょうか?


そして広島の住宅メーカーも、営業的にはエルピーダ破綻の影響を避けられなくなる可能性が高いですね。


関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ