Entries

スポンサーリンク




大手ハウスメーカーの価格が高い最大の理由?

積水ハウスやダイワハウスのような大手ハウスメーカーの家の価格が高いことに疑問を持つことは不思議ではありませんよ。

誰だって同じように、憧れを持ちつつも「高い価格」を理由に諦めているのです。

前回の記事では、ローコスト系のハウスメーカーと大手ハウスメーカーの価格差の理由を説明したわけですが・・・・

価格差の最大の理由はブランド力にあると思います。


ブランド力というと語弊がありますので、ブランド化戦略を取るかどうかということだと思います。


例えば、同じような品質のバックでもルイ・ビトンは圧倒的に高い価格を付けています。

この価格差は品質以上の価格差なわけですね。


勘違いしやすいのは、ブランド力があるから高い価格を付けていると考えてしまいがちな点です。

そうではなくて、高い価格を付けているからこそブランド力が高まるという一面があるのです。



自動車を例にしても同じ傾向が見られます。

カローラとクラウンの材料費には少しの差しかないのです。

カローラとクラウンを製造するための技術差というものも少し違う程度です。

しかし、ブランド力を高めるためにクラウンの価格には、カローラの数倍の価格が付けられています。


レクサスだってそうです。

圧倒的な品質差があるから高級な価格が付いていると思いがちですが、品質管理に必要な経費や技術力というものに圧倒的な差はありません。

レクサスというブランド価値を高めるために、高級な価格が付いているのですね。

お客は、その価格差でも納得してレクサスを購入します。

別にクラウンでも問題はないのに、クラウンの数倍の価格を支払ってレクサスの車に乗るのです。



これと同じことが積水ハウスやダイワハウスのような大手ハウスメーカーの価格にも表れているのだと思うのです。


建材や設備の経費の差や、施工技術の差というものは・・・・少しは違いますが、数倍もの違いはないのです。


まさに「高級な価格」をつけているからこその、高級住宅としてのブランド力が付いてくるのです。


だからこそ、皆が大手ハウスメーカーの高級住宅に憧れを持つのですね。


ブランド戦略という一面もあるのです。


高級料亭だってそうですね。


高級住宅メーカーの価格が高い理由の一つには、ブランドバックや高級車や高級料亭の価格が高い理由と同じ部分があるのです。



しかし・・・・・・、安くて良いものを求めるお客が増えている時代には経営的に厳しくなってきますので、低価格商品も投入してくることになるのですね。


高級車だけを作っていて儲かるならば、トヨタはレクサス一本になるハズですが・・・・実際にはレクサスで大儲けはできてはいないようですよ。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ