Entries

スポンサーリンク




ローコスト住宅メーカーが安い理由。

ローコスト住宅メーカーがテレビ番組でも取り上げられることが多くなってきました。

確かに、ローコスト住宅メーカーは様々な工夫と努力で安い住宅を供給していることが実感できます。

ローコスト住宅メーカーは安いです。これは本当です。

しかし、コストカットした部分の全てをお客に還元しているわけではないと思うのです。

2000万円の家をコストカットして1600万円で建てた場合、お客が1600万円で買えるならば安い家です。


しかし、ローコスト住宅メーカーが1800万円で販売して残りの200万円をローコスト住宅メーカーの利益にした場合はどうでしょうか?

お客は安くは買えていますが、200万円は損をしているようにも感じます。

そして、その200万円が次のお客を探すために使われていたとしたらどうでしょうか?


それは、営業マンの給与だったりテレビCMだったり雑誌の広告だったりした場合です。


400万円をコストカットして、そのうちの200万円分を安く買えたのだが・・・・残りの200万円は関係の無いところで使われている。


全てのローコスト住宅メーカーがそうであるわけではないですね。


しかし、ローコスト住宅メーカーを探すあなたに、このような発想があったかどうかが問題です。


安ければ良いという考え方にはデメリットもあるということが気づくはずです。


ローコストローコスト住宅メーカーは確かにローコストです。


しかしコストカットした分は、実際に家を建てる職人さんには影響は無いのでしょうか?


CMや広告があなたの家を、実際に建ててくれるわけではありません。


しかし、CMや広告に大量のお金が廻されていることは事実です。


実際にあなたも・・・・・職人さんを見て住宅メーカーを決めるわけではないですからね。

あなたもCMや広告で住宅メーカーを見つけたのですからね。



(ちなみに、この記事は住宅メーカーを選ぶ際の考え方を述べています。ローコスト系住宅メーカーでなくても大量広告を打つメーカーもあります。広告を出さないからと言って適切な住宅メーカーだとも限らないですね。)

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ