Entries

スポンサーリンク




犬の熱中症、対策は?住宅メーカーも対策商品を!

今年の夏が猛暑になるのかどうかはわからないですが、ワイドショーなどでは熱中症対策の話題が増えてくる季節となりました。

原発が止まっていることにも関係していて、電力不足による節電の行き過ぎの影響で熱中症になることも不安視されていますね。

最近の住宅は、ほぼ100%でエアコンが設置されているのですが・・・・節電を意識しすぎるとエアコンを止めて自然の風で過ごそうとする方も出てくると思われます。

そうなると、年配の方などの熱中症が心配になってくるのです。

しかし熱中症は人間だけではなくて、ペットの「犬」にもおこる可能性があるのはご存知だったでしょうか?


犬の熱中症と言いましても、死亡する危険性もありますので飼い主は気をつけなければならないでしょう。

かわいいワンちゃんの命を、ちょっとした暑さ対策で防げるのですから・・・・夏本番になる前に対策について学んでおくべきでしょう。


最近では小型の室内犬が多いですので、家の中での熱中症対策を探してみました。


・飼い主が出掛けている時でも窓を締め切らないで、十分な換気量を確保する。

・真夏日であるならば、エアコンを稼働させ続けておく。

・室内温度とともに湿度にも気をつける。

・水の量を十分に保つ。

・南側や西側の窓はカーテンやブラインドを下げておく。

・日中に散歩をしない、気温が上がらない早朝や夕方に散歩をする。




高気密高断熱住宅の場合は特に日射による室内温度の上昇が激しくなります。

人間であれば窓を開けたりエアコンをつけたりということは自分で出来ますが、犬はできないので我慢するしかないのですね。

まして、毛皮を着ているようなものですから・・・・


室内犬を飼っているのであれば、高気密高断熱住宅の特性を活かして24時間冷房を試してみるのも悪くはないのではないでしょうか?


室内犬の熱中症対策は、やはりエアコンを上手に使うことだと思います。


犬が熱中症になって犬猫病院に連れていくようなことになってしまったら治療代がバカにならないぐらいになります。

その分を電気代で使うと考えれば・・・経済的にも悪くないかもしれないですね?


ペットと共に暮らせる工夫がされた商品が各ハウスメーカーから販売されていますが、これからは夏の熱中症対策を取り入れた住宅などを販売してみると売れたいするかもしれないですね。


自宅の気温や湿度をスマートフォンで確認できたり。

スマートフォンで、外出先からエアコンのオンオフができたり・・・

ウェブカメラでワンちゃんの様子をスマホで見れたり・・・・



住宅メーカーも隠れた需要を掘り起こしていかなければならないのではないでしょうか?

ペットのいる家庭は、こういう住宅を求めているかも?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ