Entries

スポンサーリンク




GLホーム、気になる「欠陥」とかの口コミは?

GLホームの口コミや評判などでは、「GLホームは価格が安かった」とか「値引きが大きかった」という口コミが多いような気がしました。

そうなってくると気になるのが、欠陥住宅にされてしまう心配のようです。

これはタマホームやレオハウスの口コミにも多いのですが、安い価格や坪単価のハウスメーカーの場合は「欠陥住宅」を心配されるのは宿命みたいなものなのかもしれません。

所謂、安かろう悪かろうということなのでしょうね。


激安坪単価の住宅メーカーの口コミで多いのが、「安物買いの銭失い」という諺ですね。


これには色々な意味が込められていると思うのですが、「もう少しのお金を出せばもっと快適な家になったのに・・・」とも受け取れます。

しかし、住宅情報の掲示板などの場合は「激安住宅メーカーで建てたら欠陥住宅にされてしまって、結局は安物買いの銭失いになってしまった」という意味合いの物の方が多いようです。



けれども、よくよく見ていきますと大手の有名ハウスメーカーなどでも欠陥の口コミは多いのですね。

価格や坪単価が安いから欠陥が多いとは言い切れないのではないかとも思えるほどの数です。


逆に考えると、高価格帯の家にもかかわらずに欠陥住宅にされてしまうのですから不幸の度合いは強いと言えるのではないでしょうか?


最近では激安価格の高速バスが事故を起こしてしまったニュースが大きく取り上げられていましたよね。

少しでも安い価格にするために、人件費などを極限までに切り詰めた結果としての事故だったと報道されていました。


これは住宅メーカーの欠陥においても当てはまるものではないでしょうか?

驚くほどに安い価格や坪単価を提示しているということは、どこかで驚くほどに経費を切り詰めているとも考えられます。

もしかしたら大工さんなどの人件費を切り詰めている可能性だってあるのです。


これを激安高速バスの事故と照らしあわせてみますと、やはり驚くほどに激安の場合は欠陥住宅の心配をしてしまうことも無理のないことなのかもしれません。


しかし、高速バスの例でも・・・価格が高い高速バスだったとしても事故は起きてはいるのでしょうね。


ここまで考えると、確率の問題とも言えるようになってくるのではないでしょうか?


安い坪単価の住宅メーカーだからといって欠陥住宅になるとは限らない。

しかし、大手の高級住宅メーカーだからといって欠陥住宅にならないとは限らない。

結局は出来上がってみないとわからないということになります。


あとは、できるだけ欠陥住宅にならないように努力をして欠陥が発生する確率を下げるしかないということになります。



おっとっとっと・・・・話題がそれてしまいました。


こういう見解でいきますと、GLホームの価格や坪単価は安い部類なものの、驚くほどに安いというものではないと思います。


だからこそ、GLホームは安いという口コミがあって欠陥住宅を心配する声もあるのですが・・・・実際に欠陥住宅にされたという口コミや評判は見つからなかったのかもしれません。


ちなみに、建築棟数が多い住宅メーカーほど欠陥住宅が発生する確率は高くなりますよね?


・・・ということは、安い価格で販売棟数の多い住宅メーカーに欠陥住宅が発生する確率が高くなってしまうということが言えるのではないでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ