Entries

スポンサーリンク




フィアスホームの粘震の家、評価や特徴は?

フィアスホームには「粘震の家」として、ニューアリエッタという商品が登場しています。

粘震というのは聞いたことのない言葉ですが、粘震にはどんな特徴があって、粘震の評判や評価はどうなのかが気になります。

フィアスホームの「粘震の家 ニューアリエッタ」の特徴としては、耐震と制震を併せ持っただけではなくて耐震補償付きという部分に特徴があって評価されているようです。

地震は一回だけ襲いかかってくるわけではなくて、余震も含めて数十回も被害を受けるわけです。

今までの耐震技術ですと、複数回の地震被害を受けるうちに耐震性能が落ちてしまうのですね。


ただの耐震では、地震がくる毎に釘やビスが緩んで耐震性能が落ちるのだそうです。


どんなにガッチリと止めても、釘やビスが緩んできたのでは意味がなくなってしまいますからね。


そこで登場したのが、フィアスホームの粘震の家「ニューアリエッタ」ですね。

一般の方は耐震だけでは不安を抱くようになってきているようで、制震や免震というものの評判が上がってきていますね。


フィアスホームのアリエッタは耐震等級が3という耐震性能を誇っていますが、それ以上の安心を求める方に向けて制震技術をプラスした「粘震の家 ニューアリエッタ」が開発されたのでしょうね。


粘震の家は、住宅の構造柱と耐震パネルの間に粘弾性体を挟み込んでいるのが特徴です。


実際の地震の時には、この粘弾性体が地震のエネルギーを吸収してくれるのだそうです。

フィアスホームの粘震の家は、一般住宅と比較すると地震の揺れによる住宅の変形量を半分に抑えるほどの効果を発揮するようですからメリットは大きいですね。


地震のエネルギーに耐えるのではなくて、吸収するという特徴を持っているわけですね。




さらに、粘震の家に安心感を与えているのが耐震補償が付いてくるという特徴ではないでしょうか?


耐震補償が付いてくる住宅メーカーはフィアスホーム以外にもありますが、粘震の家に付け加えて耐震補償が付いてくるのですから満足感は高いのではないでしょうか?



あとは、フィアスホームの粘震の家がどのくらい複数回の地震に強いのかが興味を引く部分ではありますね。


次の巨大地震のあとなら・・・粘震の家の評判がグッと上がっているかもしれないですね。


耐震技術や制震技術が一般的に評価されるのは、やはり実際の地震のあとなのでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ