Entries

スポンサーリンク




消費税増税、住宅ローン金利は?住宅ローン減税は?控除?

消費税増税の話題が増えている2012年ですが、気になるのは住宅の買い時ですね。

この場合に気になるのは消費税増税のタイミングだけでは無いと思います。

住宅ローンの金利の変動によっても住宅購入のタイミングを考えなければなりませんし、住宅ローン減税による控除などの影響も大きいものなのです。

実際に、消費税増税による住宅購入の減少を考慮して住宅ローン減税の延長が検討されています。


ちなみに、住宅ローン減税では税額から「ローンの残りの一定の割合の金額」を控除できるようになります。

簡単に言えば、住宅ローンを組んで住宅を購入した人は税金が安くなるのです。


住宅の購入において消費税の増税というものは影響の大きいものですが、消費税増税による負担額アップだけに気を取られていてはいけないのではないでしょうか?


住宅ローンの金利が少し変わるだけでも支払総額に大きな変動が生じてしまいますし、住宅ローン減税の内容によっても損をする人と得をする人が出てきてしまいます。



どうしても消費税増税の直前に駆け込み購入をしてしまいがちですが、もしかしたら損をしてしまう可能性も出てくるのです。

損をしてしまうとは言えないまでも、消費税増税後に住宅を購入しても負担があまり変わらないという事態も考えられるのです。


住宅ローンの金利は、これ以上は下がりようのないほどまでに下がっています。


はっきり言えば、一年後もこの金利とは限りませんし、二年後の金利なんてわからないものなのです。



ここから先は「もしかしたら」の話しですが・・・・


住宅エコポイントの大幅な充実なども考えられるのです。


とにかく消費税増税後の住宅販売が落ち込むことは予想されているのですから、その負担増を抑えるような政策が検討されるのも予想できるでしょう。


住宅の購入計画が既にある方は、できれば消費税増税前に住宅を買う方が良いのだとは思います。


しかし、消費税増税前の住宅購入に間に合わなかったとしても・・・焦る必要はないと思います。


それどころか、間に合わないほうが良かったと言い出す人も出てくるかもしれないのですからね。



住宅購入の最適なタイミングなんて・・・誰にもわからないものなのですね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ