Entries

スポンサーリンク




三井ホームとマイクロソフトが共同開発!ジェスチャーで操作する住宅!

三井ホームの住宅設備が、リモコンではなくて住んでいる人のジェスチャーで操作できるということですが、ジェスチャーで操作する部分はマイクロソフトが携わっているみたいでしたね。

マイクロソフトはXboxというゲーム機を販売しているのですが、Xbox用のジェスチャー読み取り装置である「キネクト」を利用して住宅設備を動かすのだそうです。

キネクトという装置はゲーム用ということもあって、比較的に低価格で販売されています。

ロボットの開発者などはマイクロソフトのキネクトをセンサーとして利用することでコストを下げているという例もあるのだそうです。


さて、そんな低価格なマイクロソフト製センサー「キネクト」を使ってどのような操作が行えるのでしょうか?


三井ホームが開発中の住宅の場合は、リモコンを使わずにジェスチャーだけでテレビの操作や照明のオンオフを行えるようでしたね。

さらに、手を左右に動かすだけでキネクトのセンサーが読み取ってカーテンが開いたり閉じたりもしていました。


リモコンの場合ですと、テレビ用とカーテン用と照明用の3つのリモコンが必要でしたよね。


しかし、マイクロソフトのキネクトを利用したジェスチャー操作の場合はリモコンは一台も必要が無いのです。

本当に身振り手振りだけで操作できる住宅ということですね。

さらに、声などを利用してでも操作ができるみたいなのですから驚きです。


今はまだテレビやカーテンの開閉程度の操作のようですけども、将来的には全ての操作はジェスチャーで行う日がくるかもしれないですね。


お風呂のお湯はりだって、今はボタンを押していますけども将来的には声だけでお湯はりができたりもしちゃうのでしょうね。


最近では、エアコンの操作が声でできる機種が発売されているみたいです。


今までは映画の中だけの未来都市みたいな生活が、三井ホームが発売するような普通の住宅ででもできるようになってくるのかもしれません。



テレビだって将来的には壁やテーブルに投影されるような形のものが主流になったりする可能性だってありますね。


これからの住宅は、家電や車や通信機器(スマホや携帯電話)と一体になった設備が必須となってくるのでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ