Entries

スポンサーリンク




ユニバーサルホームの床暖房は地熱?メリットは?価格やランニングコスト?

ユニバーサルホームの床暖房は、地熱を利用した省エネタイプとしてメリットが多い床暖房「地熱床システム」で評判や評価が良いようですね。

ユニバーサルホームの地熱床システムは、夏は冷たくて冬は暖かいという地熱のメリットを最大限に活かして燃費を抑えて運転できる床暖房のことなのです。

なんと、ユニバーサルホームで建てた人のかなりの割合の人が「ユニバーサルホームを選んだ理由」としてユニバーサルホームの床暖房「地熱床システム」を挙げているのだそうです。

ユニバーサルホームの地熱床システムとは、床下空間を採石で埋めてしまって、その上をコンクリートで仕上げる工法のことを言います。


地中の温度は年間を通して15度から25度くらいを推移しますので、その温度を床暖房のようにして利用するのがユニバーサルホームの地熱床システムシステムなのです。


厳密に言えば床暖房とは違うということになりますが、普通の床暖房と違って夏にはひんやりした床の温度が実現できる点がメリットと言えると思います。

普通の床暖房は、冬に暖かいだけですからね。


しかし、通常の床暖房を取り入れたとしても地中熱を利用できる分だけエコですし、ランニングコストを減らすことができます。


これ以外にも、ユニバーサルホームの地熱床システムのメリットとしては・・・・・

シロアリや腐朽菌が発生しない、地震や台風などの自然災害に強い、基礎の下の砂利が無駄な揺れや振動を抑えるというメリットが挙げられます。



これとは逆に、ユニバーサルホームの地熱床システムにはデメリットもあるように思えてなりません。


そもそも、地熱を利用する床暖房ということですので細かな温度調整ができませんよね?


仮に、急に気温が上がってしまう日があったり、日射でぽかぽかと暖かな日があったとしても・・・床の温度を急に下げることは難しいのではないでしょうか?

床暖房のスイッチを切ったとしても、基礎の温度が上がってしまっているのですから冷めるまでにかなりの時間を必要とするはずです。


これとは逆に、急に寒くなった日でも床の温度を立ち上げるまでに結構な時間が必要となるデメリットも考えられますよね?


今の住宅はどこの部屋にもエアコンが付いているでしょうからエアコン暖房を併用したら地熱床システムのデメリットは補えるのでしょうけどね。



ちなみに、ユニバーサルホームでの床暖房の場合は熱源を選ぶことができるようです。


灯油式ボイラーを使うタイプと電気温水器のタイプです。


価格的には電気温水器の方が高くなるという口コミがありましたね。


どちらにもメリットとデメリットがありますので、選ぶ方の好みが重要ですね。



ランニングコスト的にはどちらも変わらない燃費だと思うのですが、灯油は原油価格の高騰の影響を受ける可能性が高いですし、電気は原発事故の影響を受ける可能性が高いです。


将来的にどちらが得になるかは、わからないというのが正直なところでしょう。


しかし、ユニバーサルホームの地熱床システムを併用した床暖房というのは他の住宅メーカーでは選ぶことが難しいでしょうから、地熱床システムがユニバーサルホームを選ぶ理由の上位にくるというのも納得できるように思えますね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ