Entries

スポンサーリンク




積水ハウスのスマートハウス、特徴は?

積水ハウスのスマートハウスは平成23年度の新エネ大賞を受賞したことが特徴のスマートハウスですが、どのあたりが評価されて新エネ大賞を受賞したのでしょうか?

受賞の大きな要因としては、太陽光発電と家庭用燃料電池で電力を造りだして、それを家庭用の大容量蓄電池に貯めることによってピーク電力の削減と停電時の非常用電源になるメリットが大きく貢献したと考えられます。

積水ハウスでは、このようなスマートハウスを「グリーンファーストハイブリッド」と呼んでいるようですね。

グリーンファーストハイブリッドスマートハウスの特徴としては、やはり、3つの電池(太陽光発電・燃料電池・家庭用蓄電池)を利用した安心の電力供給力が挙げられると思います。


従来のエコ住宅ですと、太陽光発電と一般電力を使うのが普通でしたが・・・これだと夜に停電が発生した場合は電力が供給されないデメリットがありました。


これが家庭用燃料電池を使ったエコ住宅になると、夜中や雨の日の停電でも電気が使えるということがメリットになっていました。


ここに大容量の家庭用蓄電池が組み合わさった積水ハウスのスマートハウス「グリーンファーストハイブリッド」となれば、3つの電源の制御が自動切り替えとなって電力を使うことができます。


積水ハウスのスマートハウスの場合は、自家で使用する電力は燃料電池が優先して使用されることになります。

さらに、燃料電池で足りない場合は太陽光発電の電力を使用することになります。

電力が余った場合は売電に回します。


さらに非常用の電力として、いざという場合は天気や夜中ということに影響されない家庭用蓄電池の電力を利用可能になるのです。


意外かもしれないですが、燃料電池で発電している時はお湯も作られることになるので停電時でもお湯が使えるのです。


どうでしょうか?


このように、太陽光発電と燃料電池と家庭用蓄電池が高度に制御されたスマートハウスが積水ハウスのグリーンファーストハイブリッドというわけですね。


従来のエコ住宅の欠点やデメリットを全て解消している部分が評価されての新エネ大賞受賞だったのでしょうね。



普段の快適な生活を損なわれることがないのに通常電力の使用を抑えることができるのも評価すべき点だと思います。

ちなみに、これらを制御するシステムをHEMSと呼ぶそうです。


住む人が意識しなくても節電できたり自然エネルギーで創りだした電力を使ったりできるのですから、これからますますスマートハウスは普及していくことでしょうね。



それにしても、どこの住宅メーカーでもスマートハウスを発売するようになってきていますが、各社ならではのスマートハウスの特徴というものを考えていかないと・・・・


どこの住宅メーカーのスマートハウスも最終的には同じような物とお客に認識されてしまうようになってしまうかもしれないですね。


逆に言えば、スマートハウスの開発に出遅れた住宅メーカーは取り残されたイメージが付いてしまうかもしれないです。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ