Entries

スポンサーリンク




【住友林業】Smart Solabo(スマートソラボ)の坪単価。

住友林業のSmart Solabo(スマートソラボ)はエネルギーを賢く使うことができるスマートハウスですが、坪単価はどのくらいになるのでしょうか?

スマートハウスは、発電した電力を蓄えることもできて賢く使うことができますので年間光熱費を削減できるという大きなメリットを持っています。

しかし、スマートハウスで電気を創りだすにしても太陽光発電だけではなくて燃料電池を使う住宅メーカーもあります。

また、大容量蓄電池を使うスマートハウスもあれば、そうでないスマートハウスもあります。


どんな機器設備を使うスマートハウスがベストなのかはわからないのが現状ですが、住友林業のスマートハウス「Smart Solabo(スマートソラボ)」はライフスタイルに合わせて各種のエネルギー設備を適切に組み合わせて選択することができます。

当然、組み合わせる設備の種類が増えるほど価格も坪単価も高くはなるのですが、必要な物を選べるというのは重要なメリットとなるのではないでしょうか?


自宅で電気を創りだして賢く使いたい人は太陽光発電システムに予算を集中すべきです。


さらに、発電もしたいがお湯もたっぷりと作り出したいという人に対しては家庭用燃料電池であるエネファームに予算を回すのがベストでしょう。


そして、太陽光発電で発電した電力を夜にも使いたい人や安い価格の深夜電力を昼間にも使いたいという人は大容量の家庭用蓄電池を搭載するのが適しています。


当然ですが、予算が十分にある方は・・・太陽光発電とエネファームと家庭用蓄電池を組み合わせたスマートハウスがベストな選択になります。

太陽光発電の欠点である天候の悪い時や夜間にでもエネファームは発電をすることができるというメリットを持ちあわせていますからね。

2世帯同居の方や子供が多い世帯などの場合は太陽光発電とエネファームのダブル発電が最適でしょう。



そして、最近に話題になることが多い電気自動車ですが・・・住友林業の「Smart Solabo(スマートソラボ)」では電気自動車の蓄電池をスマートハウスの機能の一部として利用することができる仕組みも備えています。

まだまだ価格が高い電気自動車ですが、周囲でも乗っている人を見かけることが多くなってきましたよね?


今は価格が高くとも、数年後には価格が下がっている可能性だってありますからね。


Smart Solabo(スマートソラボ)であれば、電気自動車に蓄えておいた電力を家庭内の生活で使うこともできますし、非常時の際には電気自動車のバッテリーの電気を非常用電源として活用することもできます。


当然、太陽光で発電した電力や価格の安い深夜電力で電気自動車を充電できるというメリットもあります。


まだまだ価格が高いと思われがちなスマートハウスですが、住友林業のSmart Solabo(スマートソラボ)は坪単価が68万円からという設定になっています。


住友林業の家は自然の条件を生活に活かす「涼温房設計」としても評価が高いですから、スマートハウスとの組み合わせとしては良いと思います。



夏涼しくて冬に暖かいという基本性能が高い家に最新のスマートハウスの設備が投入されるSmart Solabo(スマートソラボ)の坪単価が68万円からということですから安いと言っても問題はないでしょうね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ