Entries

スポンサーリンク




トヨタホーム「LQ」・・・値引きの実際は?

トヨタホームのLQの価格が1600万円台からということもあってか、評判が上がってきているのも当たり前の事かもしれません。内容も悪くはないようですからね。

しかし、人間ならば誰だって・・・もっと安い価格で購入したいと考えるものです。

しかも、同じ内容で安くと考えます。

そうなると、トヨタホームの住宅商品「LQ」ででも価格を抑えるために値引きや割引きに期待するようになるのは住宅も家電も同じ構図となります。


液晶テレビでも冷蔵庫でも、少しでも安い価格で販売している所を探しますよね?


仮に家電量販店で購入するにしても、値引きや割引きがゼロということは少ないのではないでしょうか?


そうであるならば、家電よりも高額な商品となる住宅で値引きや割引きがゼロということは納得できるわけがありません。


家電や自動車と違って、注文住宅のようにオーダーメイドの商品で値引きや割引きという概念がどこまで正しいものなのかという問題は置いておいて・・・・

普通は、トヨタホームのような住宅メーカーででも値引き販売というものは行なっているのが現実です。


インターネットの掲示板などでも、どのくらい値引きがあるものかという質問が途絶えることがないですからね。

それだけ値引きの実態というのはわからないものなのですね。



トヨタホームだけではなく他の住宅メーカーでも同じような書き込みが多いのですが、交渉の最初の段階ではどの営業マンも「値引きはゼロです」というつれない返事が多いようです。


しかし、交渉が進むにつれて10%の値引きは当然のように出てくる様子のようでう。


ここからが値引きの交渉術の発揮のしどころのようでして、例えばトヨタホームのライバル住宅メーカーを検討中であることを伝えたとたんに15%の値引きが出てきたりもするようです。


さらに契約確実ということを餌にして20%の値引きを引き出す値引き術を使う人もいるようです。


ここまでくると、「20%も値引きできるくらいなら最初の価格を安く設定しておけば良いのに。」とも思えますけどね。


このように住宅メーカーの値引きの話しというのは嘘か真か、真実かどうかわからない噂話の範囲ででしか情報が出てきませんよね?


従業員や社員だと専用の値引きがあるという話しも、いつも耳にしますが実際はどうかわかりません。


仮に値引きを要求するにしても、本体価格だけで交渉するのが一般的なのでしょうか?


いろいろと調べていますと、外構や太陽光などのオプション品の価格の総額で値引き交渉をしている人もいるようでした。


確かに、その方が値引きを引き出しやすいですよね。

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ