Entries

スポンサーリンク




トヨタホーム「LQ」の間取りのメリットや問題点

トヨタホームの「LQ」は鉄骨ラーメン構造のメリットを活かした大空間の間取りを実現できることで評判も良いようです。

しかし、LQがただ大空間を実現できるということだけで高い評価を得ているわけでもないようです。

暮らしに合わせて、動く壁や収納の位置をアレンジすることによって間取りに変化をつけることができる点が人気のようです。

子供部屋の間取りでも、昔であれば一人の子供につき一部屋という間取りが一般的でした。


しかし、トヨタホームのLQの紹介例ですと大きな部屋を移動できる収納「ムーブクローゼット」で軽く仕切る間取りが評価できますね。


完全に仕切るのではなくて、お互いの気配が感じられる程度に仕切るのです。


しかも、その仕切は収納になっていますから便利な間取りになるのですね。


さらに、キッチンやリビングの間取りにおいても移動できる壁が大活躍します。


トヨタホーム「LQ」ではムーブウォールと呼んでいます。


ムーブウォールで軽く仕切ってあげることによって、親の気配を感じながらもプチ書斎のような雰囲気になることが人気です。


子供の自立心を養うことができるというメリットもあるかもしれないですね。


昔ながらの子供部屋ですと孤立感が強すぎるという問題点やデメリットも浮上してきます。


また、対面キッチンの間取りにすることによってリビングの子供の様子がわかるということも主婦からの評価が高い理由でしょうか?


やはり、自由に動かせるムーブウォールやムーブクローゼットの存在が間取りに対する新鮮さをアピールしていると思います。


それを可能にできるのも、トヨタホームの技術である鉄骨ラーメン構造のメリットを最大限に活かした「LQ」だからこそなのでしょう。


時代と共に住宅の間取りは大きく変化してきました。


当然、住宅メーカーの技術革新によってそれが可能となってきたのですね。


トヨタホームの「LQ」を選ぶのであれば、大空間を活かした間取りにしたいものですね。


子供を育てる場合は、昔ながらの間取りには問題点も多く潜んでいることがわかってきています。


頭の良い子や生き生きした子供が育つ間取りというものを勉強してみてはどうでしょうか?

関連記事

スポンサーリンク


Extra

カテゴリー

月別アーカイブ